カレンダー

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>






search this site.

DAサウンド


☆DA METAVERSE

★DA METAVERSE 2nd Season START!
iTunes Store
で配信中!


★Heartbeat131
SynthJAMメンバー5名による共同プロジェクト楽曲

今日の空模様


-天気予報コム-

archives

アーカイブの古い日記は自動改行が反映されなくて読みづらいですが、あしからず

recommend

タイトル未定(初回生産限定盤)(DVD付)
タイトル未定(初回生産限定盤)(DVD付) (JUGEMレビュー »)
access
5年振りとなる待望のオリジナルアルバムの登場!

今年でデビュー25周年を迎え、10年振りとなるメジャーシングルと4枚組のベストアルバムをリリースするなど積極的に活動する、浅倉大介&貴水博之のユニット・access。
5年ぶり、通算8枚目となるファン待望のオリジナルアルバムのリリースが遂に決定しました。
初回盤には初公開となるライブ映像2曲とライブ音源1曲を収録したファン垂涎の仕様。

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

THE BEST WORKS OF DAISUKE ASAKURA  quarter point
THE BEST WORKS OF DAISUKE ASAKURA quarter point (JUGEMレビュー »)
浅倉 大介
2016年、デビュー25周年を迎えた浅倉大介。その記念アイテムとして、自身が作・編曲した楽曲をコンパイルした2枚組アルバム『THE BEST WORKS OF DAISUKE ASAKURA quarter point』が登場。1991年のデビューからこれまでの25年間に浅倉の手によって生み出された楽曲は実に750曲を超える。その中からソロ、access、Icemanの楽曲はもちろんのこと、T.M.Revolutionのデビューのきっかけとなった浅倉大介expd.西川貴教、さらには藤井隆、雛形あきこ、中森明菜、東京パフォーマンスドールなど29曲を厳選。そして、このアルバムのラストには浅倉大介の最新書き下ろし未発表曲である「First Quarter moon〜上弦の月」も収録され、DAサウンドの25年史をじっくり追体験できるコンピレーションに仕上げられている。

recommend

【送料無料】 浅倉大介 / Sequence Virus 2015 【CD】
【送料無料】 浅倉大介 / Sequence Virus 2015 【CD】 (JUGEMレビュー »)
2015年に行われた浅倉大介クラブイベント「Seq Virus 2015」より、選りすぐりの全15曲を収録したクラブミックスアルバム第7弾。

ディープなDAクラブサウンドは必聴!!

recommend

recommend

recommend

recommend

タイトル未定(A盤)
タイトル未定(A盤) (JUGEMレビュー »)
access
「A盤」「X盤」「S盤」3タイトルリリース!
「A盤」には、新曲と春ツアー「ELECTRIC NIGHT 2016」で披露した「Missing 4 seasons」の2曲を収録。「X盤」「S盤」には、新曲と「ELECTRIC NIGHT 2016」の貴重なライブ音源をそれぞれ収録。

A盤(DWDH-023)・X盤(DWDH-024)・S盤(DWDH-025)の3種類いずれかをお買い上げの方に、それぞれの特典としてポストカードをプレゼント。
一部、店舗および通信販売によっては特典がつかない場合もございますので、必ず、予約・購入時にご確認ください。
特典には数に限りがございます(先着となります)ので、予めご了承ください。

recommend

recommend

recommend

Fated Crown(初回限定盤)(DVD付)
Fated Crown(初回限定盤)(DVD付) (JUGEMレビュー »)
佐咲紗花
浅倉大介作曲によるアルバムリード曲「Fated Crown」を含む全13曲収録

recommend

篠原ともえ ★ALL TIME BEST★
篠原ともえ ★ALL TIME BEST★ (JUGEMレビュー »)
篠原 ともえ
天文友達でもある浅倉大介のピアノ演奏とアレンジにより、星歌の名曲と誉れ高い「嘲笑」(歌詞:北野武/作曲:玉置浩二)の新録カヴァーが収録

recommend

recommend

コタニキンヤ. / raremetal heart 【CD Maxi】
コタニキンヤ. / raremetal heart 【CD Maxi】 (JUGEMレビュー »)
コタニキンヤ.待望のニューシングル!
実に15年ぶりに浅倉大介氏作曲、作詞には麻倉真琴氏をむかえ、2016.6.15堂々リリース!
カップリングには、劇場版ツバサ・クロニクルのOPテーマ「aerial」のセルフカバーを収録!

recommend

recommend

逆光×礼賛
逆光×礼賛 (JUGEMレビュー »)
東京パフォーマンスドール

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

Re-Sync Cluster
Re-Sync Cluster (JUGEMレビュー »)
access
春のミニマムクラスタツアーで特典についたリミックス3曲と大chanオリジナルのリミックス3曲収録予定のリミックスCD

recommend

【送料無料】 access アクセス / Secret Cluster 【CD】
【送料無料】 access アクセス / Secret Cluster 【CD】 (JUGEMレビュー »)
2012年にリリースしたシングル「Wild Butterfly」「Bet〜追憶のRoulette〜」のアルバムバージョンと記念すべき20周年イヤーに制作した未公開楽曲のみで構成。最新のアクセスサウンドが詰まった珠玉のニューアルバム!

recommend

D-Trick
D-Trick (JUGEMレビュー »)
浅倉大介
名盤復刻シリーズ、ソロ名義2タイトル、AXS名義3タイトル、Iceman名義5タイトルの計10枚、最新リマスター音源&Blue-spec CD2にて再リリース!

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

RETRIEVER(レトリーバー) 2015年7月号 Vol.80
RETRIEVER(レトリーバー) 2015年7月号 Vol.80 (JUGEMレビュー »)

「この本に載るの憧れでした!」という大様の夢が叶った1冊。

ベルカ姫に宛てた手書きのお手紙が掲載される。

recommend

DVD付 新版 動物 (小学館の図鑑 NEO)
DVD付 新版 動物 (小学館の図鑑 NEO) (JUGEMレビュー »)

大chanちのジョンくんがバーニーズマウンテンドッグのモデル犬としてイヌの品種3の項目に登場!

recommend

recommend

recommend

SO SWEET
SO SWEET (JUGEMレビュー »)
Sugar&The Honey Tones;吉田建;土屋公平;屋敷豪太;浅倉大介
某音楽番組で共演してる「甘音会」メンバー、吉田建、土屋公平、屋敷豪太、浅倉大介、4人のミュージシャンによるバンド“Sugar & The Honey Tones”が、60〜70年代の屈指のSWEET MUSICをカバー。

recommend

ミュージカル「グッバイ、チャーリー」劇伴
ミュージカル「グッバイ、チャーリー」劇伴 (JUGEMレビュー »)
演劇・ミュージカル
大chanが音楽担当し、ミュージカルの初フルオリジナル書き下ろしの曲のサントラ盤。

mobile

qrcode

powered

みんなのブログポータル JUGEM

空もすっかり秋模様。

 

 

2日目のブレーメンに参戦!

 

 

当日の感想などは⇒コチラ

 

 

8日に時間あったらグッズ並ぼうかな...と思ってたのが甘い。

雨の中にもかかわらず、フォーラムのガラス棟の方に、ホールAからの列がUターンしてほぼホールAに戻ったあたりまで長く長く伸びてて、完全諦めた。

15:30頃行ってみたらすぐグッズ買えたけど、トートバッグとバッジは売り切れてた。

(DAISUKE ASAKURA 25thバッグ堂々と持って買いに行ったら、スタッフさんがあれっ?って表情してた。あはっ)

このマフラータオルの地厚なこと、地厚なこと。

まさにマフラーw

ふわふわ〜♪

朝ホテル出てくる頃すごい雨で、キャリーがめちゃ濡れ濡れだったので、このタオルが大活躍したわw

 

 

9日に入場してから物販覗いたら、Tシャツ以外完売。

ほんと8日に買っといてよかった(^0^)v

※会場で売切れ商品も入荷待ちで通販やってる

http://www.asmart.jp/Form/Product/ProductList.aspx?shop=0&cat=500541

 

 

メンバーのメッセージ入りで募金箱も設置してあった。

 

 

届いてたお花

 

 

 

入場列がとんでもなく長くて、「これ、いつ入れるんだろう?」と思うぐらいだったけど、予想外にスムーズに入場できちゃって、会場入ってから結構時間があって手持ち無沙汰...。

会場内は『Hey Ho』がリピートで流れてる。

キャッチーでサビが耳に残りやすいメロディなので、頭の中でグルングルン鳴ってるw

流れてる曲の音量が、あれあれ?どんどん上がってきたゾ〜と思ってたら大音量になったとこで会場の客電が落ちて、ステージにメンバーが登場!

ほぼほぼ19:00オンタイムにライブスタート。

こういう始め方、わかりやすくて楽しいね。

 

ステージ向かって右手からNakajin(ギター)、DJ LOVE(パーカッション)、fukase(ギター&ボーカル)、Saori(ピアノ)の並び。

あとバックに鳥さんと馬さんのマスクのサポメンが2人。

衣装はディナーツアーの時のもの。

男性陣はスーツの上着なしver.で、シャツとサスペンダー付きのパンツスタイル。

全編アコースティックライブで、ステージセットもシンプルにランタンだけ。

THE DINNERツアーの時にグッズで販売したスターライトリング持参してきてる方が大勢いて(自分も持ってった)、会場に星が輝いてるみたいに綺麗だったょ。

すご〜くアットホームな感じで、シンプルな分ピアノやギターの音色の美しさや演奏やfukaseのウィスパーボイスのボーカルをより堪能でき、超レアなライブになってたと思う!!!

 

 

【セトリ】

 1.  死の魔法

 2.  ANTI-HERO

 3.スターライトパレード

 4. PLAY

 5. となりのトトロ (カバー)

 6. 虹色の戦争

 7. HOME

 8. 世界平和

 9. 夜空ノムコウ (カバー)

10.炎の戦士

11.青い太陽

12.RPG

13.Hey Ho

14.  インスタントラジオ

 

アコースティックにアレンジしやすいインディーズ時代のファーストアルバム『EARTH』からの選曲が多く、最近のライブではやってない曲を聴くことができてよかったな。

打ち込みバリバリの『ANTI-HERO』や『スターライトパレード』をアコースティックver.で表現するのは大変だったんじゃないかな。

 

そういう新しい試みや挑戦が見られた今回のライブ。

『PLAY』が始まった時は会場からウォ〜って歓声が上がってすごいどよめきが!

だってSaoriちゃんのボーカルが聴こえてきたんだから、そりゃ驚きだょ。

ボーカル生初披露、Saoriちゃんのボーカルすごい可愛かった!

初披露がいきなり5000人の前で...ってのがものすごい緊張したってMCでも話されてた。

fukaseが「本番が近づいてくるに従って、Saoriちゃんの顔がだんだ般若みたいになってくんだょ」って...w

 

『炎の戦士』でNakajinのボーカルも聴けてて、この公演だけで3人3様のボーカル曲が聴けたことになるんだね。

 

前半1曲、後半1曲とカバー曲があったのも驚きだった。

『となりのトトロ』はこの曲にfukaseのボーカルが雰囲気ぴったりで、とってもほんわかしてて温かい感じだった。

で、『夜空ノムコウ』はSMAPのとは全く違う曲のようで、fukaseの色になってた。

 

『世界平和』は8年前のアレンジで披露。

Saoriちゃんが弾いたピアノのアレンジから、曲がラテン調になっていったというエピソードも。

 

『RPG』の時、4人が何も楽器を持たずステージの前方に出てきて、4人のボーカルとコーラスだけでゴスペル調に聴かせてくれたのがめちゃめちゃ新鮮だった。

しかも1曲のうち前半がそれで、後半は演奏しながらのスタイルで、1曲の間に2度おいしいじゃないけど、違う趣向で聴かせてくれるという大サービス。

 

『Hey Ho』はこういうアコースティックライブにとっても合う曲だな〜。

会場全体で思いっきり”Hey Ho"って一緒に掛け声したのは、一体化があって気持ちよかった。

不思議だけど、心がほんわかしてきて癒される!!!

じわじわっと元気になれる。

 

 

 

MC1番手はLOVEさん。

「お足元の悪い中、来てくださってありがとうございます!」

「お足元の悪い中」と、こんなに丁寧な挨拶されたライブ初めてかも...w

さらに「お足元の悪い?...だったの?」と会場の皆さんに質問。

Saoriちゃんが「昨日も今日も午後からは天気回復してきたみたいょ」的なコメントしてて、「そっかー足元が悪かったのはうちらだけか」と会場を笑わす。

「うちらだけでよかった」と優しい面も...さすが!

 

今回LOVEさんはDJじゃなくて、パーカッション担当。

前日もやったらしいが、自分の周りにある楽器の数を数え出す。

14台だったかな?

前日より1台増えてて、昨日は自分が座ってる分を1つ数に入れてなかった模様w

DJ LOVEっていうように「DJ」は名前の1部になりうるけど、パーカッションLOVEとは言わないように、「パーカッション」は名前じゃなく担当名になるねって話をしてた。

 

『死の魔法』は最初『死の病』ってタイトルだったそうで、どんなことにも滅多にダメだししないスタッフさん達だけど、さすがに「それは暗すぎてヤバいからやめた方がいい」って忠告したらしいあはは

fukaseも「やっぱ”死の病”じゃあ、やばすぎるよね」って苦笑い。

この曲を1曲めに持ってきて、「お客さん座ってるかな?立つかな?」とSaoriちゃんと話してたらしいが、みごとに2日間とも座ったままだったよう(^^;)

だってアコースティックなんて初めてだから、皆さん、どうしたらいいのか周りの反応見てたみたいょ。

 

『スターライトパレード』の前にfukaseから「みんなで一緒に歌いましょう」みたいなふりがあって、ここで会場の皆さんがスタンディング。

『スターライトパレード』や『青い太陽』『RPG』を会場の皆さんで合唱したのもいい思い出。

fukaseの「いいね!」が今回は何度も聞けた(^0^)v

 

Saoriちゃんが「昨日聞き忘れちゃったんだけど、今日初めてセカオワのライブに来たって人いますか?」って質問したら、ちらほらと手が上がってた。

「セカオワのライブがこういうのだと思ったら、全然違いますから。今日のが特別」って笑ってた。

 

Nakajinは「今回のシングルのアレンジどうしようって散々悩んでて、でも締切は決まってるわけで。もし5日にリリースできなかったら、このライブでまだリリースもしてないもの(しかもブレーメンのテーマソングみたいな核になるものだよね)を初披露っていうことになっちゃうところで、ものすごいプレッシャーでした」って裏話を紹介してくれた。

使ってある音色は100近くもあって、今回はこれだけの楽器で演奏できるほどのものじゃないんだょ...的なことも話してた。

 

Nakajinの話を聞きながら、ついつい、大様のベスト盤のことが頭をよぎったわ...。

ベスト盤リリースして、はい、その25thのメモリアルとなるライブです...って流れが崩れちゃうとこだったんだもんね。

せっかくのお祝い気分にも水差すことにもなっちゃうし...しょぼーん汗

Sonyもライブに間に合わせるために新しい盤作るの、プレッシャーすごかっんだろうなって。

大様もきっと心を痛めてたんだろうね。゚(゚´Д`゚)゚。

 

ってか、そういう大変だった心境をNakajinが一生懸命MCで話してるのに、fukase、LOVEさんのパーカッション弄って遊んでみたり、「遊ばないの!」って注意されると、イスに座って自分のブレスレットをこちゃこちゃ弄りだすし、駄々っ子みたいだw

ヒトの話聞いちゃいない(^_^;

でも、その屈託のない少年みたいな笑顔見てると、しょうがないね...って思えてきちゃうのは何故なんだろうねほわほわ

憎めないキャラは得だよね。

それにfukaseのボーカルはふわっと包み込んでくれるというか、癒し効果があると思う。

 

 

 

アンコールで再び登場した時に、「難しいことは言いません。今日は楽しかったね〜って思ってくれるだけで。」とブレーメンプロジェクトのことについて詳しくは語らなかったfukase。

それこそ歌詞にあるように、義務でもなく押し付けるってこともしないっていうセカオワの意思の表れだと思った。

『インスタントラジオ』で会場を盛り上げ、全方向に手を振って皆さんの歓声に応え、最後には4人でステージ前方に出てきて並んで、マイクを通さず「ありがとうございました」と肉声でお礼を言いながら頭を深々と下げてた。

なんか、こんなにメジャーで人気者なのに、謙虚で初々しささえも感じる。

ストレートに気持ちが伝わってくるようで心がぽっと温かくなった。

 

ステージからはける時のBGMが『Hey Ho』。

fukaseがラストに"Hey Ho!!!"って流れるまでちょっとタイミングずらしてステージ上に残ってくれて、会場の皆さんが"Hey!!!Ho!!!ってやるのをジャンプしながら一緒にやってくれた。

その姿はと〜っても楽しそうで嬉しそうだったゆう★

こういう謎の一体感、ここちいいな〜〜〜おー

 

 

 

2017.10.18 Wednesday

スポンサーサイト


コメント
コメントする








  

 

spacer