カレンダー

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
accessニューシングル「Knock beautiful smile」5/24リリース!

search this site.

DAサウンド


☆DA METAVERSE











★DA METAVERSE 2nd Season START!
iTunes Store
で配信中!


★Heartbeat131
SynthJAMメンバー5名による共同プロジェクト楽曲

今日の空模様


-天気予報コム-

archives

アーカイブの古い日記は自動改行が反映されなくて読みづらいですが、あしからず

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

THE BEST WORKS OF DAISUKE ASAKURA  quarter point
THE BEST WORKS OF DAISUKE ASAKURA quarter point (JUGEMレビュー »)
浅倉 大介
2016年、デビュー25周年を迎えた浅倉大介。その記念アイテムとして、自身が作・編曲した楽曲をコンパイルした2枚組アルバム『THE BEST WORKS OF DAISUKE ASAKURA quarter point』が登場。1991年のデビューからこれまでの25年間に浅倉の手によって生み出された楽曲は実に750曲を超える。その中からソロ、access、Icemanの楽曲はもちろんのこと、T.M.Revolutionのデビューのきっかけとなった浅倉大介expd.西川貴教、さらには藤井隆、雛形あきこ、中森明菜、東京パフォーマンスドールなど29曲を厳選。そして、このアルバムのラストには浅倉大介の最新書き下ろし未発表曲である「First Quarter moon〜上弦の月」も収録され、DAサウンドの25年史をじっくり追体験できるコンピレーションに仕上げられている。

recommend

【送料無料】 浅倉大介 / Sequence Virus 2015 【CD】
【送料無料】 浅倉大介 / Sequence Virus 2015 【CD】 (JUGEMレビュー »)
2015年に行われた浅倉大介クラブイベント「Seq Virus 2015」より、選りすぐりの全15曲を収録したクラブミックスアルバム第7弾。

ディープなDAクラブサウンドは必聴!!

recommend

recommend

recommend

recommend

タイトル未定(A盤)
タイトル未定(A盤) (JUGEMレビュー »)
access
「A盤」「X盤」「S盤」3タイトルリリース!
「A盤」には、新曲と春ツアー「ELECTRIC NIGHT 2016」で披露した「Missing 4 seasons」の2曲を収録。「X盤」「S盤」には、新曲と「ELECTRIC NIGHT 2016」の貴重なライブ音源をそれぞれ収録。

A盤(DWDH-023)・X盤(DWDH-024)・S盤(DWDH-025)の3種類いずれかをお買い上げの方に、それぞれの特典としてポストカードをプレゼント。
一部、店舗および通信販売によっては特典がつかない場合もございますので、必ず、予約・購入時にご確認ください。
特典には数に限りがございます(先着となります)ので、予めご了承ください。

recommend

recommend

recommend

Fated Crown(初回限定盤)(DVD付)
Fated Crown(初回限定盤)(DVD付) (JUGEMレビュー »)
佐咲紗花
浅倉大介作曲によるアルバムリード曲「Fated Crown」を含む全13曲収録

recommend

篠原ともえ ★ALL TIME BEST★
篠原ともえ ★ALL TIME BEST★ (JUGEMレビュー »)
篠原 ともえ
天文友達でもある浅倉大介のピアノ演奏とアレンジにより、星歌の名曲と誉れ高い「嘲笑」(歌詞:北野武/作曲:玉置浩二)の新録カヴァーが収録

recommend

recommend

コタニキンヤ. / raremetal heart 【CD Maxi】
コタニキンヤ. / raremetal heart 【CD Maxi】 (JUGEMレビュー »)
コタニキンヤ.待望のニューシングル!
実に15年ぶりに浅倉大介氏作曲、作詞には麻倉真琴氏をむかえ、2016.6.15堂々リリース!
カップリングには、劇場版ツバサ・クロニクルのOPテーマ「aerial」のセルフカバーを収録!

recommend

recommend

逆光×礼賛
逆光×礼賛 (JUGEMレビュー »)
東京パフォーマンスドール

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

Re-Sync Cluster
Re-Sync Cluster (JUGEMレビュー »)
access
春のミニマムクラスタツアーで特典についたリミックス3曲と大chanオリジナルのリミックス3曲収録予定のリミックスCD

recommend

【送料無料】 access アクセス / Secret Cluster 【CD】
【送料無料】 access アクセス / Secret Cluster 【CD】 (JUGEMレビュー »)
2012年にリリースしたシングル「Wild Butterfly」「Bet〜追憶のRoulette〜」のアルバムバージョンと記念すべき20周年イヤーに制作した未公開楽曲のみで構成。最新のアクセスサウンドが詰まった珠玉のニューアルバム!

recommend

D-Trick
D-Trick (JUGEMレビュー »)
浅倉大介
名盤復刻シリーズ、ソロ名義2タイトル、AXS名義3タイトル、Iceman名義5タイトルの計10枚、最新リマスター音源&Blue-spec CD2にて再リリース!

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

RETRIEVER(レトリーバー) 2015年7月号 Vol.80
RETRIEVER(レトリーバー) 2015年7月号 Vol.80 (JUGEMレビュー »)

「この本に載るの憧れでした!」という大様の夢が叶った1冊。

ベルカ姫に宛てた手書きのお手紙が掲載される。

recommend

DVD付 新版 動物 (小学館の図鑑 NEO)
DVD付 新版 動物 (小学館の図鑑 NEO) (JUGEMレビュー »)

大chanちのジョンくんがバーニーズマウンテンドッグのモデル犬としてイヌの品種3の項目に登場!

recommend

recommend

recommend

SO SWEET
SO SWEET (JUGEMレビュー »)
Sugar&The Honey Tones;吉田建;土屋公平;屋敷豪太;浅倉大介
某音楽番組で共演してる「甘音会」メンバー、吉田建、土屋公平、屋敷豪太、浅倉大介、4人のミュージシャンによるバンド“Sugar & The Honey Tones”が、60〜70年代の屈指のSWEET MUSICをカバー。

recommend

ミュージカル「グッバイ、チャーリー」劇伴
ミュージカル「グッバイ、チャーリー」劇伴 (JUGEMレビュー »)
演劇・ミュージカル
大chanが音楽担当し、ミュージカルの初フルオリジナル書き下ろしの曲のサントラ盤。

mobile

qrcode

powered

みんなのブログポータル JUGEM

まずスケジュールが発表された時点で、3月10日ということはたぶん10日か翌11日からは空でつながる写真展があるだろうな〜と勝手に推測。

写真展の開催を信じて、どうしても行きたかったので、迷わず遠征でこの公演の参加を決めた。

 

初めて来た大塚駅前は、不思議な作りになってた。

ふつーJRの線路に沿わせるとか駅に乗り場を統合しちゃうパターンが多いと思うんだけど、南口出てきたらまた駅前に都電の電車の線路があって、周りに柵があってもヒョイって越えられるようなくらい低くて、ほぉ〜って感じだった。

 

 

桜模様の都電が前を通ってった。

春らしい♪

 

 

 

最初Deepa見たとき、さくら水産って食べ物屋さんの看板出てるし、路地も狭いし、いくら地下でもこんなとこで250も入るの?とちょっと心配になるような建物;;

 

この階段を降りて地下が会場。

 

 

1人1人カウンターでチケットとドリンク代をカルトンの上に置いて入場する方式、初めてかも。

開演前にはここでクローク受け付けてた。

 

クロークはビニール袋に入れてってとこがあるけど、ここは黒のポリのボストンバックに入れてちゃんと鍵をつけてくれてたので、500円にしてもなんか得した気分。

横長のハコだったので見やすかったが、ステージがそんなに高くないので最後列の方だと見えてたのかな...。

 

 

 

 

豊島区のマスコット”としま君”を持って大様登場!

twitterにアップされてるように、赤いお帽子に赤チェックのシャツ、ヴィヴィアンのVWの白地Tシャツ、薄いグレーのスウェットパンツでサイドに黄緑のギザギザにラインが入ってるパンツ。

このパンツ、両方ともギザギザの下にテープが垂れたデザインだったんだね。

このTシャツのサイズが大きめなのか、袖口がでかくて、腕を上げ下げするたびに脇まで見通せてしまうので、ドキドキしちゃう

途中、卓のとこでしきりに後ろへ足を蹴り上げてた大chan。

 

DA「としま君に代わってトシ魔王が、皆さんをボクの音で幸せにしたいと思います。豊島区と言えばこれでしょう」

お客さんは「ええっなに?」状態で、ざわざわ。

「大きなビルが立っていますけど...サンシャイン60」

ということで、サンシャイン繋がりで、PB2の『SUNSHINE』からスタート!

 

フォロワーさんに教えていただいたプレリ

01:SUNSHINE/pool bit boys

02:BLUE SKY BLUE/DA

03:ゲーム[ペルソナ]Your Affection

04:揺れる恋 乙女色 ”Deep”Night mix/雛形あきこ

05:春咲小紅/Mad Soldiers

06:愛の矢の夢(クラシカロイド)

07:Fool Love Rhapsody 〜ハンガリー狂詩曲より〜(クラシカロイド)

08:Deep Wild〜幻覚地帯に於ける深海にて〜/Iceman

09:Fall in YOU/木村由姫

10:Meme crack/DA×YA•TI•MA/DA

11:Angel Algorithm/DA

12:Stand By Deep Air re-sync style/access

13:Share The Love/access

4:CATCH THE RAINBOW 2011(Pray For Japan Version)/access

15:SWEET&TOUGHNESS/南青山少女歌劇団

16:air summer/GALETTe

17:逆光×礼賛/東京パフォーマンスドール

18:Get Wild/TM NETWORK

19:KiSS Will Kill me/宇都宮隆×Get Wild

20:8番目の罪/Iceman×PERFECT FUTURE?/Iceman

21:Sphere Valley/DA×CAUTION!/Iceman

22:PERFECT FUTURE?/Iceman

23:CAUTION!/Iceman×8番目の罪

24:8番目の罪×PERFECT FUTURE?

25:CROSS SEASON/玉置成実

26:Fated Crown/佐咲紗花

27:ULTRAMAN ORB/DA・つるの剛士

28:Owl Of Soul/コタニキンヤ.

29:バンビーナ〜哀しき男のサガ〜/BugTheMic

30:Dance My Generation/ゴールデンボンバー

31:Higher Than Dark Sky/access

32:raremetal heart/コタニキンヤ.

33:Selfy Trick/EDGE of LIFE

34:S 新春ver./access

35:JOY TRAIN/access

36:Be NUDE S ver./access

37:march hare/DA

38:3x10^8 LUCKS/DA

39:Wild Butterfly Digital Ageha re-sync style/access

40:GALAXY GANG/Iceman

41:Lost COMPLEX/Iceman

42:Shining Collection/Iceman

43:嘲笑/篠原ともえ

44:24sync/access

45:Summer Rain/木村由姫

 

 

 

2月の名古屋公演以来の参加で、1ヶ月の間に同じ曲なのに掛け声が入ってたり、機材も変わってたり、その進化具合にびっくりびっくり

『逆光x礼讃』の途中に「だいちゃ〜ん」って掛け声が入るとこがあったり、新兵器が登場してて「チャッピー」「チャッピー」鳴ってたり(笑) 卓の上に後ろ向きに腰かけて機材を見せながら操作見せてくれるとこがすごく楽しかった。

それと、Macの画面を覗きながらニヤけて、「次はどんな風に聴かせてみようかな」「みんなどんな反応してくれるかな」って、何かを企んでる時の子供のように純真に楽しんでる大chanの表情を見てるだけで、とっても幸せな気分になれた。

 

マッシュアップがかっこいいって感想を聞くたびに、わぁ〜どんな風にリミックスされてるんだろうってものすごく楽しみにしてきたので、それが体験できたのが嬉しかったな。

Icemanの1つ1つでもじゅうぶんかっこいい曲なのに、4曲分くらいのそれぞれのいいとこ取り。

それも曲として違和感なくちゃんとつながってて、一つの世界観にまとめあげられてるとこがすごい!

次はどの曲のどの部分が出てくるんだろう?ってワクワクしっぱなしでめちゃめちゃテンション上がった。

こんな贅沢な音の聴き方してるのはうちらだけなのに、大chanはいとも簡単そうにやってのけてしまうので、最先端のものすごい高度なことを体験してきたのだと、後から後から改めてそのすごさを実感するばかり。  

 

 

『BLUE SKY BLUE』の時、「好きだー」を口パク。

 

『春咲き小紅』が聴けるのはすごく嬉しいんだけど、どうも『オハ!オハ!』と日替わりのようなのに、全然『オハ!オハ!』回に当たらないのも残念残念

 

会場名Deepaにかけたのか、『Deep Wild』が久しぶりに流れてきてキャ〜キャーキャー

昔のように、人差し指をまっすぐ横にずらす振りはしてなかったね。

 

『Angel Algorithm』では手かざしして音を変化させてた。

こうやって聴かせるだけじゃなく、部活でも見せる演出もしてくれるとこが、エンタティナーだなっと思う。

 

卓の前の方が斜めになってたからか、機材の振動なのか、ジョン君ととしま君がいつの間にか倒れてしまっていた。

お客さんからの指摘でジョン君は直してたけど、としま君はそのまま。

愛情の違いがそこに見られておかしいw

 

スタンドバイで壮大な気分になり、シャザラー〜キャッチザレインボーの流れにジーン。

キャッチザレインボーの後に「がんばろうぜー」とメッセージ。

 

いつの間にか「だいちゃ〜ん」って掛け声が入る仕様になってた『逆光x礼讃』。

大chanもそれを期待してるように耳を傾ける仕草してた。

掛け声に思いっきり笑顔になってるとこが可愛いな〜。

JD-Xiの頭の上にガンガンと落としたり、歯で咥えたり、パフォーマンスも過激w

 

名古屋で聴いたのとはまた違うゲワイのリミックス聴けた〜。

かっこよかった!!!

 

すごいっ!と噂のマッシュアップ。

8罪に「1999」のフレーズが入ってきたかと思うと、『Sphere Valley』のインストが混じる。

そこから「影」「影」「影」「影」「影」と『CAUTION!』の印象的なフレーズを強調。

なんちゅうものすごい世界観や感動

JD−Xiを客席に向かってエイって投げつけるような格好して、会場が「あ〜〜っ」って叫び声が上がると、あっかんべーってやっては笑ってその反応を楽しんでる大chan 、いたずらっ子みたいだw

迫真の『CAUTION!』、帽子を飛ばしそうになってて、最後は8罪で終わる。

 

『CROSS SEASON』は卒業のこの時期にぴったり。

「変わらずここにあるから」の歌詞が、震災の事だったり大chanの音楽のことだったり、いろいろな意味が含まれてて、大chaがみんなにメッセージしたいものが込められてるようで、なんかジーンと心に沁みたな。

 

『Fated Crown』は動画でしか聴いた事ないんだけど、女性ボーカルだけどかっこよくて、クラブ会場で爆音で聴くとさらに気持ちのいい音になってた。

 

 

各地で盛り上がる『Owl of Soul』のトシマッハご当地バージョン。

大塚は豊島区にあるので、当然のことオリジナルで歌われるんだろうな…と。

もしかして大chanのためならトシマッハは来てくれるんじゃないかなという淡い期待が。

 

「豊島区にはかっこいいヒーローがいますよね」とマイクを取って喋り出す大chan。

(ゆるキャラとか最初言ってなかったっけ?!)

会場の期待がイッキに高まった。

皆さんで「トシマッハ〜」と呼んだら、卓の後方に大chanが取りに行って色鉛筆で描いたような浅倉画伯作のお面をつけて前方へ。

ここは後方の机(?)の上に、ウルトラマンのお面など部活中に使う演出用小道具をスタッフさんがあらかじめ並べてるのを目撃した。

あ〜あという残念な空気と、会場からのブーイング。

なかなかこのお面可愛いじゃないかと思った人がここにw

心を一つにしてもっと大きな声で呼ぶように言われて、今度は本物のトシマッハが登場し会場大歓声!

最前の方はハイタッチしてた。

まず浅倉画伯作の可愛いお面登場で、今夜はトシ魔王様の降臨だけなのかとフェイント。

一旦落胆させておいてからの、トシマッハ本人のご登場で会場が一段と大歓声に沸くというドS演出、おみごと!としか言いようがない。

忙しいの中、自作のお面まで用意してくれてたっていうのが嬉しい

大chan自身テンションが高くて、マイクで「トシマッハー♪ トシマッハー♪」と4回も歌ってた。

「トシマッハ、カッケェ〜。写真撮ろ!写真撮ろ!」ってくっついて2ショ撮影。

嬉しそうに2ショ撮ってるもらってる姿を見守り、熱い熱いステージだった!

そそ、トシマッハの登場時間の頃合いを計ってたのか、しきりにApple Watch見てたよね。

このあとなんか仕事の予定でもあるのかなって思ったぐらい。

トシマッハ登場後は全然見なくなったw

 

『バンビーナ』の「ズキュン ズキュン」の振り。

跳ぶ位置を間違えてペロッて舌を出してた大chan、それ可愛すぎ。

 

金爆の『Dance My Generation』の時に、四日市で持ってたうちわを左手にと桜の花が描かれた扇子を右手に持ってすごい振り回してた。

(四日市は)何もないとこと言われてても、こうやって他でも使ってくれてるのを嬉しく思う地元民w

(追記:ネオエージで四日市の入道、調べれば調べるほどハマってるようなことを話してた)

肩をカクカクして左右に動く振りはしてなかったね...(もう忘れたかな(爆))

 

大塚の時のおちょうちょタイムは『Selfy Trick』

ステージ袖に入っていったら、ステージとの間の幕が開いてて、しんちゃんがそこから客席を覗いてたと思ったら、見えたらいかんと思ったのかきっちり閉めてたのがツボ。

割と近いとこにおトイレあったのかしら…w

おちょうちょタイム間に、卓に主役がいなくてもめちゃめちゃ盛り上がってる会場、さすがだw

Tの振りも皆がやってて楽しい!!!

大chanは身をかがめたままで卓に戻ってくる。

そして関係ないとこでTやってるしw

 

『S』-新春ver.- 、「唇にワンダピーチ」で唇なぞって指くわえて上目遣い、なんとも悩ましいセクシーな大chanにドキドキドキドキドキドキ

いつからこんな技を覚えたのか...v v v

Sの振りはほぼできるようになってる大chanだけど、ちょっと間違えてあと少しの意味で指であと少しねってやってた。

最後はヤケになってて「桜舞い散る」のとこで勢いよく手をポンポンポンってしてた。

 

『march hare』の煽り文句は「サンシャイン60は超えようぜー!」

「サンシャイン」と言おうとして、「サン」が声が裏返って「シャイン」しか聞こえない。

うちらは、「としマン」と「としウーマン」になってたw

 

『GALAXY GANG』、ライトで会場を撃ちまくる大chan。

「もっと〜」「もっと〜」の声に、「もっと〜?」とニヤッとするそのドSで悪そうな表情にドキドキしちゃう。

最後にふ〜っとピストル先を吹くような仕草がまたキマってんだよね。

 

『嘲笑』、手を頭上で左右に振りながら曲に合わせて歌ってる大chanの表情見てたら、泣きそうになってきた。

 

 

 

「大塚といえば?」...すぐさま「何もない」と大chan自身で即答。

会場から「都電」って声が上がったら、皆に言わせたかったのか「都電のような小さい電車のことなんて呼ぶの?」

「ちんちん電車〜」

会場の皆を指さして「あ〜あ(恥ずかしい)」と言わんばかりにほくそ笑む大chan。

そんなにみんなに言わせたのが嬉しかったのかw

なんか子供みたいなとこが可愛い。

 

そこからなぜか山手線の話に。

「やまてせんじゃないの?」をクラスタに「やまのてせん!」と訂正される大chan。

で、24syncのリミックスは山手線がぐるぐる回るように、エンドレスな方向性で。

新兵器を掲げて会場に見えるようにして、卓の上に後ろ向きに腰かける。

どの色を鳴らして欲しい?って皆の要望をとる。

声が上がったカラーを押しながら、「これかっこいいね」とかそれぞれにコメント。

ライトの関係で色の判別がしづらいらしいが、紫がお気に入りだった模様。

ピンクのボタンを押すと「チャッピー♪」ってテンション高い男性のヴォイスが鳴る。

「お〜久しぶりだったね。元気だった?」って聞いてたのが可愛かった。

大chanにとっては機材も相棒なんだろうな〜。

チャッピーを入れてって皆さんの希望で作り上げたリミックス、チャッピーって入ってるのに、クールでかっこいい曲になってたとこがすごいょ感動

ほんとに延々と続いていって欲しいと願うような心地いいリミックスになってた。

 

大chan自分で「テキトーに (リミックス)というか、溢れんばかりの才能を...。たまには言ってもいいでしょ」とニヤリ。

そういえば、今回おねだりコールやらなかったね。

 

『Summer Rain』をみんなで大合唱できたの嬉しい。

この曲の大chanのコーラスが大好きなので、マイクで生でコーラス部分歌ってくれたことに感激感動

 

 

 

卓の前に出てきてくれた大chan。

【MC】

大chanの大塚の思い出を披露。

みんな知らないって言うらしいが「大塚かどまーん」ってCMが印象に残ってるらしい。

会場で「知ってる人いる?」に2人しかいなかったが、知ってる方がここにいらしたことが嬉しかったんだろうね、わざわざ近づいてってその2人と笑顔で握手してたょ。

かどまーんっていうのは、どうも金閣寺みたいなのがビルの上にあった結婚式場なんだって。

 

上野から山手線に乗ったことがあった時に、お隣の巣鴨の前に車内放送で「次は大塚〜」ってアナウンスが流れて、乗ってる人達が「ええっ?」となってるところで巣鴨に停車。

走り出したら「次も大塚〜」ってアナウンスに、車内がほっこり和んだってエピソードを。

「大塚ツゥー」って言ってたw

車掌さんもアナウンス間違えて焦っただろうね。

でも、間違えてんじゃってキリキリするんじゃなくて、そこで和む乗客の方々が素敵だなって思う。

 

大塚には南大塚と北大塚しかなくて、本当の大塚は文京区にあるらしい。

なんて紛らわしい(><)

大chan、こういう豆知識よく知ってんだね。

 

トシマッハがまた登場してくれて、トシマッハへの質問受け付けてた。

年齢聞かれて、それにはノーコメント。

「彼女はいますか?」に、彼女募集中らしく、TV画面でよく下の方にテロップが出ててそれを指差すような仕草してる時があるけど、あんな感じで大chanと2人で👇👇差してたw

大chanがプリちゃんのことを尋ねたら、プリちゃんは彼女ではなく一緒に悪と戦う仲間とのこと。

「大ちゃんは?」の会場からの質問に、「僕はいいんです。一声かければこんな風にたくさんの人が集まってくれるのだから」的な発言してた。

そのお言葉にキュンキュンなっちゃうのがクラスタ。

はい、踊らさせれますwww

トシマッハが退場するときに、抱きついてチュッチュ2回もしてる場面にわ〜っと沸く会場。

そりゃそうだよね、大chanの方から抱きついてったんだからさ。

「女子にはわからないかもしれないけど、ポーズとかめちゃかっこいいんだよ」ってベタ惚れの大chan。

お面を持ってきて、「それ、なに〜?言った人は皆殺し」と言ってから、そんな(物騒な)こと言っちゃダメだねって自分で否定してた。

 

AXSのレコーディングをしてた話で、会場の方がtwitterにアップされてた貴水さんのVRの格好してたら、「なに、こんなことかっこ かっこしてんだょ。バカにすんなー。あれまで10時間くらいボーカル録りしてたんだぞ」と。

 

最後に『Summer Rain』を出そうとしたら、さっき作ったチャッピーのリミックス音源が出てきちゃって、「チャッピー黙れ!」とw

そのアクシデントのおかげで、『Summer Rain』とのコラボ聴けた。

みんなで大合唱できたの嬉しい!

この曲の大chanのコーラスが大好きなので、マイクで生でコーラス部分歌ってくれたことに感激感動

 

かっこいいリミックスできると片腕折り曲げて上げて、二の腕をパンパンと叩く仕草をする大chan。

最後のとこでTシャツの右袖たくし上げて、たくましい力こぶ見せてたのにキャ〜ってなったキャーキャー

 

 

部活の2nd coursのことに触れてて、「僕大丈夫かな?」って言ってた大chan。

AXS25thの年にこんなにソロ活動が活発になるとは予想だにしなかった...。

すごいハードスケジュールで、こっちが心配になってくる。

大chan、ほんと体調気をつけて〜!!!

 

個人的には、「遠くから来た人〜?」って聞かれた時に挙手したら、思いがけず遠征組が2人しかいなかったので(手を上げなかった人もいるかもだけどものすごく意外だった)、大様に声かけてもらえたのがめちゃめちゃいい思い出になった。

でも「あなた、声嗄れてません?」と言われて恥ずかしかったな恥ずかしい

「いいんです、いいいんです、そういうの嫌いじゃない」って、すかさずフォローしてくれた大chan、優しいな。

「僕だけ見てればいいから」言われて、ほんと心臓がバクバクで顔がポッと赤くなっちゃった。

 

ハイタッチは会場内で列ができてきて並んでたら、大chanが順に移動してきてくれて、手をムギュ〜とにぎにぎタッチぽっ

「写真展行ってきましたー」と友達と続けて言ったら、もう先に進んでたのにわざわざ振り返ってくれて「行ってきたぁ〜」ってニコって笑顔。

なんて天使!!!天使天使

思わずそこで固まってウンウンと頷けしかできなかったドキドキ

 

 

入口って他にないはずなのに、物販でうちらが階段占拠してる間に大chanはどこから会場入りしたんだろう?ってのがすごい謎。

確かにエレベーターはあるけど、楽屋へ行くのにあのカーテンの向こうに出入り口あったんだろうか...。

お帰りの際は、フツーに階段を上がって来て、横付けされてたワゴンに乗り込んでった。

車に乗る時にバイバイって手を振ってくれてた上に、車が出てく時にはライトをつけてクルクル回してバイバイってしてくれてたんのが、お疲れだろうになんてヲタに対して優しい心遣いしてくれるんだろうと、いつも感謝の気持ちでいっぱいありがとう

大chan、ありがとう!

おかげで、空でつながる写真展から〜の部活、とっても気持ちがほっこりとした幸せな1日が過ごせましたっ。

 

 

 

トシマッハは翌日から名古屋でヒーローズドリームサミット2017への出演が決まっていたにもかかわらず部活に来てくれて、すごい嬉しかった!

(追記:ちなみに名古屋のイベントでは、『Owl of Soul』の CD完売したそうだ。

すごい!すごい!!

今ままで大chanの音楽にあまり馴染みのなかったちびっ子達にも聴いてもらえるかと思うと感激!)

 

 

 

ネオエージで語ってた部活についての話。

機材が新しいのに変わってきてて…に気付いてくれてありがとう。

「まだまだ試してみたいのあるから持っていきますよー。」

大塚で物販待ってる時に、スーツ姿の方がパイオニアの箱持って入っていかれた。

部活で大chanがこれも新しいやつって見せてくれたのが、確かパイオニアの機材だったと思う。

もしや、あの新兵器がそうだったのか。

スーツ姿の方達はメーカーの方々だったのかもね。

 

「音を聴いてほしいっていうのが大前提に、いろんな実験的なこともしてるので楽しんでくれるといいな。」

この季節になったら、この曲聴きたいねってのをプレリに選んでるらしい。

マーチヘイアーの後にミッキーマウスマーチでマーチつながり...とか、こういうヒズミッキーみたいな、気付いたら楽しいみたいなのがありますょってことだった。

投稿された感想の中で、それに気づいてくれた人がいたことに喜んでた大chan。

プレリも、リアルタイムの感覚を大切にその場の雰囲気によって変えてたり、こういう細かい計算づくしのものがあったり、ほんと大chanの指1つで広がる変幻自在の空間って感じだな〜。

2017.05.23 Tuesday

スポンサーサイト



spacer