カレンダー

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>






search this site.

DAサウンド


☆DA METAVERSE

★DA METAVERSE 2nd Season START!
iTunes Store
で配信中!


★Heartbeat131
SynthJAMメンバー5名による共同プロジェクト楽曲

今日の空模様


-天気予報コム-

archives

アーカイブの古い日記は自動改行が反映されなくて読みづらいですが、あしからず

recommend

タイトル未定(初回生産限定盤)(DVD付)
タイトル未定(初回生産限定盤)(DVD付) (JUGEMレビュー »)
access
5年振りとなる待望のオリジナルアルバムの登場!

今年でデビュー25周年を迎え、10年振りとなるメジャーシングルと4枚組のベストアルバムをリリースするなど積極的に活動する、浅倉大介&貴水博之のユニット・access。
5年ぶり、通算8枚目となるファン待望のオリジナルアルバムのリリースが遂に決定しました。
初回盤には初公開となるライブ映像2曲とライブ音源1曲を収録したファン垂涎の仕様。

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

THE BEST WORKS OF DAISUKE ASAKURA  quarter point
THE BEST WORKS OF DAISUKE ASAKURA quarter point (JUGEMレビュー »)
浅倉 大介
2016年、デビュー25周年を迎えた浅倉大介。その記念アイテムとして、自身が作・編曲した楽曲をコンパイルした2枚組アルバム『THE BEST WORKS OF DAISUKE ASAKURA quarter point』が登場。1991年のデビューからこれまでの25年間に浅倉の手によって生み出された楽曲は実に750曲を超える。その中からソロ、access、Icemanの楽曲はもちろんのこと、T.M.Revolutionのデビューのきっかけとなった浅倉大介expd.西川貴教、さらには藤井隆、雛形あきこ、中森明菜、東京パフォーマンスドールなど29曲を厳選。そして、このアルバムのラストには浅倉大介の最新書き下ろし未発表曲である「First Quarter moon〜上弦の月」も収録され、DAサウンドの25年史をじっくり追体験できるコンピレーションに仕上げられている。

recommend

【送料無料】 浅倉大介 / Sequence Virus 2015 【CD】
【送料無料】 浅倉大介 / Sequence Virus 2015 【CD】 (JUGEMレビュー »)
2015年に行われた浅倉大介クラブイベント「Seq Virus 2015」より、選りすぐりの全15曲を収録したクラブミックスアルバム第7弾。

ディープなDAクラブサウンドは必聴!!

recommend

recommend

recommend

recommend

タイトル未定(A盤)
タイトル未定(A盤) (JUGEMレビュー »)
access
「A盤」「X盤」「S盤」3タイトルリリース!
「A盤」には、新曲と春ツアー「ELECTRIC NIGHT 2016」で披露した「Missing 4 seasons」の2曲を収録。「X盤」「S盤」には、新曲と「ELECTRIC NIGHT 2016」の貴重なライブ音源をそれぞれ収録。

A盤(DWDH-023)・X盤(DWDH-024)・S盤(DWDH-025)の3種類いずれかをお買い上げの方に、それぞれの特典としてポストカードをプレゼント。
一部、店舗および通信販売によっては特典がつかない場合もございますので、必ず、予約・購入時にご確認ください。
特典には数に限りがございます(先着となります)ので、予めご了承ください。

recommend

recommend

recommend

Fated Crown(初回限定盤)(DVD付)
Fated Crown(初回限定盤)(DVD付) (JUGEMレビュー »)
佐咲紗花
浅倉大介作曲によるアルバムリード曲「Fated Crown」を含む全13曲収録

recommend

篠原ともえ ★ALL TIME BEST★
篠原ともえ ★ALL TIME BEST★ (JUGEMレビュー »)
篠原 ともえ
天文友達でもある浅倉大介のピアノ演奏とアレンジにより、星歌の名曲と誉れ高い「嘲笑」(歌詞:北野武/作曲:玉置浩二)の新録カヴァーが収録

recommend

recommend

コタニキンヤ. / raremetal heart 【CD Maxi】
コタニキンヤ. / raremetal heart 【CD Maxi】 (JUGEMレビュー »)
コタニキンヤ.待望のニューシングル!
実に15年ぶりに浅倉大介氏作曲、作詞には麻倉真琴氏をむかえ、2016.6.15堂々リリース!
カップリングには、劇場版ツバサ・クロニクルのOPテーマ「aerial」のセルフカバーを収録!

recommend

recommend

逆光×礼賛
逆光×礼賛 (JUGEMレビュー »)
東京パフォーマンスドール

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

Re-Sync Cluster
Re-Sync Cluster (JUGEMレビュー »)
access
春のミニマムクラスタツアーで特典についたリミックス3曲と大chanオリジナルのリミックス3曲収録予定のリミックスCD

recommend

【送料無料】 access アクセス / Secret Cluster 【CD】
【送料無料】 access アクセス / Secret Cluster 【CD】 (JUGEMレビュー »)
2012年にリリースしたシングル「Wild Butterfly」「Bet〜追憶のRoulette〜」のアルバムバージョンと記念すべき20周年イヤーに制作した未公開楽曲のみで構成。最新のアクセスサウンドが詰まった珠玉のニューアルバム!

recommend

D-Trick
D-Trick (JUGEMレビュー »)
浅倉大介
名盤復刻シリーズ、ソロ名義2タイトル、AXS名義3タイトル、Iceman名義5タイトルの計10枚、最新リマスター音源&Blue-spec CD2にて再リリース!

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

RETRIEVER(レトリーバー) 2015年7月号 Vol.80
RETRIEVER(レトリーバー) 2015年7月号 Vol.80 (JUGEMレビュー »)

「この本に載るの憧れでした!」という大様の夢が叶った1冊。

ベルカ姫に宛てた手書きのお手紙が掲載される。

recommend

DVD付 新版 動物 (小学館の図鑑 NEO)
DVD付 新版 動物 (小学館の図鑑 NEO) (JUGEMレビュー »)

大chanちのジョンくんがバーニーズマウンテンドッグのモデル犬としてイヌの品種3の項目に登場!

recommend

recommend

recommend

SO SWEET
SO SWEET (JUGEMレビュー »)
Sugar&The Honey Tones;吉田建;土屋公平;屋敷豪太;浅倉大介
某音楽番組で共演してる「甘音会」メンバー、吉田建、土屋公平、屋敷豪太、浅倉大介、4人のミュージシャンによるバンド“Sugar & The Honey Tones”が、60〜70年代の屈指のSWEET MUSICをカバー。

recommend

ミュージカル「グッバイ、チャーリー」劇伴
ミュージカル「グッバイ、チャーリー」劇伴 (JUGEMレビュー »)
演劇・ミュージカル
大chanが音楽担当し、ミュージカルの初フルオリジナル書き下ろしの曲のサントラ盤。

mobile

qrcode

powered

みんなのブログポータル JUGEM

1月からスタートしたSequence Virus 2017 -First  cours- が無事に終了しお疲れ様でしたっ!

新年会モードから始まり、初の4チェインがあったり、インフル大流行の厳しき寒さの冬を通り抜け桜の開花する春まで、週末ごとに遠征して、毎公演飲み介でパワフルな部活をしてくれた大chanのタフさには頭がさがる思い感謝感謝

お疲れの時もあっただろうに、「自分の音を持って会いに来るのを楽しみにしてました。」と言ってくれて楽しそうな笑顔を見ると、こっちまですごく幸せな気分になれた。

体力もつのかな〜と心配だったらしいが、無事にファイナルまでこぎつけて感慨深かげだった大chan。

ホッとしたってのも正直あったんじゃないかな。

内容はどんどんカオスになるし、進化度合いもすごい!
 

 

 

ご本人も認めるぐらい、前日まで週間天気予報では雨が降るような様子は微塵もなかったのに急転雨模様。

ファイナルだからテンション上がっちゃってお天気が...みたいに苦笑いしてた。

だから1曲目がお天気にちなんで選んだPB2の『squall』だったw

大阪はそれでも降り方がしとしとな感じだったのでまだ助かったけど、地元は朝からしっかり降ってて、帰ってきたら土砂降りだったからね...(><;)

ずっと雨降ってなくて乾燥注意報出てたほどだったのに、久々にほぼ1日結構な雨量だったらしいょあはは

(こんな離れてるのに影響を及ぼす神パワー、スゲェ;;)

 

大阪へ向かう時は、西に行くにつれてお天気回復しててあれあれ?って感じだったから、午前中も降られることなかったんだろうな。

大chan、奈良公園で鹿と戯れてた。

なかなか移動に時間取られるとゆっくり観光楽しめるって感じじゃないだろうけど、こうやってリフレッシュできてる大chan見てるとよかったね〜って思うね。

MCで「鹿可愛い」「鹿って飼えるのかな?」とのたもうてた大様。

鹿が寄ってきた時の顔を真似してて、それがめちゃ可愛かったの〜ジャンプ

調べてみたら、法律的には可能らしいが...広大な土地がいるんじゃ?!(^^;)

ほんとあのテンションなら飼いそうな気がしてきたw

カラコルちゃん飼いはじめた時もびっくりだったけど、そのうち鹿飼いはじめました...なんて報告きたらどうしようwww

 

MCでは「鹿はおせんべい持ってないと"シカ"トするんだょ」発言も。

会場の皆さんが「ダジャレ〜♪」って笑ってたら、大chan本人は気づかずに言ってたっぽいw

 

 

鹿に「待て!」ってわかるんだろうか...と思いつつw

「おいしい、おいしい、いい子だね」ってワンコさん達に言ってるのと同じ扱いだ。

大chanにとってはベル(シ)カ。

つぶらな瞳とか表情がそっくりで可愛い可愛い

鹿さんは人馴れしてるなぁ。

動物は本能的に動物好きな人はわかるってよく聞くから、大chanのこともいい人だってわかって寄ってきてんだろうな〜と勝手に推測w

 

 

 

大阪ファイナルの会場LIVE SQUARE 2nd LINE。

新大阪から近いんだけど、大阪まで1駅乗るだけで環状線に乗り換え、2回も乗り換えして福島へ。

ああ〜また高架下だ。

今回参加した公演の高架下率高すぎ(><;)

 

ちょ、これこのサビサビの鉄のドアが入口ってか...。

 

 

 

 

物販は時間通りスタート。

ワンコカレンダーとご当地缶バッジ、そして7つ集めた特典浅倉画伯の缶バッジもファイナルになんとか無事にGETできた(^-^)/

 

友達に買ってきてもらった奈良のしかまるくんとワンコカレンダー

 

 

コインロッカーは100円だったが、サイズが小さめなのと、番号がかなり後ろだったのでたぶん空いてないんだろうと思って、友達とクロークを利用。

代金払うと先に袋だけもらっといて入場の時に渡せばいいと言われて...。

じゃないと寒くてコートなしでは凍えてしまうょ。

 

 

 

あまりに部活が楽しすぎて、四日市公演参加できなかったので決めた追い部活。

一般でチケ取ったので後ろから数えた方が早いくらいの番号。

なので、入場前の整列も関係なく、屋根のあるとこで待機。

5番区切りくらいで番号呼んで入場させてたが、200番すぎたあたりで大雑把になってきて(笑)20番区切りくらいで入れてた。

でも200番以降で50人もいなかったんだけどな、それでもSold Out。

ちゃんとフロアに入れるんだろうか...ぐらいに思ってたので、そんな身動き取れないほどのギュウギュウじゃなかったことが意外。

この番号じゃほとんど見れないんじゃないかなって諦めてたのに、会場の最後尾ぐらいだったけど、ステージが高かったからか、予想してたより大chan見やすくてよかったーばんざい

それにこの会場、後方の左右両側の柱のとこにモニター画面がついてて、最悪それでも見れるように配慮されてとこがありがたかった。

 

この日の大chanの衣装。

赤いお帽子、赤チェックのシャツにヴィヴィアンの白地VWのTシャツ、上半身しか見えなかったんだけどメタバLINEの写真見たらパンツはいつもの薄いグレーでサイドに黄色のギザギザラインが入ったスウェットパンツ。

 

「大阪イェーイ!イェーイ!」とたこ焼きのマスコット”たこ坊”を持って大chan登場。

(たこ焼きのぬいぐるみ...http://www.lamplanning.com/goods/tako/takogoods1.html←こんな感じだったかも)

あと小さなマスコットが2つくらいあったようだった。

「DJ卓片付けてタコ焼き器に替えてたこパーやろうょ。

このままずっと喋っていようか。今日は1音も聴けなかったねって」

...それ部活じゃなくてただのホームパーティだからDocomo_kao8

マスコット見せて「これかわいいね〜」と言う大chanに、「(大chanが)可愛い〜♪」って会場からの声。

それに可愛いポーズで応えるお茶目な大様。

「みんなの顔がタコ焼きに見えてきた」

「めっちゃ好きやねん!」

DJ卓をたこ焼き器に代えてたこパーやりたそうだった大chanだけど、1音も聴けずに終わる部活になることなく、頭上をガタンゴトンJOY TRAINが走る中、その音さえも味方につけてしまうくらい最高の神空間だった。

 

ファイナルということで僕のテンションがハイすぎてお天気の方が...と苦笑いしつつ、1曲目はお天気にちなんで『SQUALL』w

プレリ職人さん、ありがとう!

コピペさせてもらいました感謝

01:SQUALL/pool bit boys

02:0 game/DA

03:YaTa-raven chronicle/DA

04:Danteroid/DA

05:春咲小紅/Mad Soldiers

06:愛の矢の夢(クラシカロイド)

07:Fool Love Rhapsody 〜ハンガリー狂詩曲より〜(クラシカロイド)

08:ICE BREAKER/Iceman×Meme crack/DA×YA•TI•MA/DA

09:Get Wild(リミックス)/TM NETWORK

10:KiSS Will Kill me/宇都宮隆

11:PERFECT FUTURE?/Iceman×8番目の罪/Iceman×CAUTION!/Iceman

12:CROSS SEASON/玉置成美

13:Fated Crown/佐咲紗花

14:ULTRAMAN ORB/DA・つるの剛士

15:Owl Of Soul/コタニキンヤ.

16:Higher Than Dark Sky/access

17:raremetal heart/コタニキンヤ.

18:バンビーナ〜哀しき男のサガ〜/BugTheMic

19:逆光×礼賛/東京パフォーマンスドール

20:Selfy Trick/EDGE of LIFE

21:S/access

22:ELECTLIC☆NIGHT/access

23:JOY TRAIN/access

24:march hare/DA

25:3x10^8 LUCKS/DA

26:dope light/Iceman

27:Genetic Bomb/Iceman

28:Wild Butterfly Digital Ageha re-sync style/access

29:永遠dive/access

30:Vertical Innocence/access

31:Puppet Master/DA

32:Lost COMPLEX/Iceman

33:Shining Collection/Iceman

34:GATE /Iceman

35:嘲笑/篠原ともえ

36:24sync/access

37:LOVE&JOY/木村由姫

38:KISS FOR SALOME/DA

39:Summer Rain/木村由姫

 

今回、わざとなのかどうなのか、ときどき音飛びしたり無音な箇所があったり。

Macの調子が悪かったのかな。

天井低めでライト近かったから熱暴走したのか?!

雨だったし外は肌寒かったけど、だんだん暑くなってきて汗だくになってたら、今度はエアコン冷房に切り替わったのか冷たい風出てきたょ。

 

ヤタガラスは手かざしプレイ。

 

『Danteroid』に「はいっ」「はいっ」っていう合いの手が入ってた。

 

1回だけでもすごいのに今回は2回もmash upが聴けて、ほんと遠征してよかったわーい

どの曲のどのフレーズが次に来るんだろう?とワクワクしながら、思わず踊るのも忘れて一心に流れてくる音に耳を集中させて聴いてしまった。

『ICE BREAKER』にヤチマが出てきて『Meme crack』へ。

『Meme crack』の中にヤチマが混じってるかと思えば、また『ICE BREAKER』が混じってくる。

もう1つはゲワイのリミックスから、航空機が飛ぶようなシューって音からしばらく無音。

会場の皆さんのあれ?って空気が流れたかと思うと、『KiSS Will Kill me』。

そこから続いたまま、mash upまたキターーーーー!!!

『PERFECT FUTURE?』と8罪と『CAUTION!』のmash up、ゾクゾクするかっこよさ!最高!!

1999と影、影、影、影...がミックスされてんだょ。

なに、この世界観感動

JD-Xiを高く掲げるパフォーマンスしてて、神降臨!!!

消えたと思ったフレーズがまた復活してきたり、大chanの手にかかったら素敵に曲が分解されて、魔法がかかったように新しい世界観が吹き込まれてくるようで鳥肌ものだった!

 

『Fated Crown』...背中向きで左右に両手を広げる振りがかっこいい。

 

『ULTRAMAN ORB』...毎回光るオーブリングを開いたり閉じたりすごく楽しそうにやってる姿が少年のように無邪気で可愛い。

ウルトラマンのお面を持って来て殴ったかと思えば、思いっきりチューキス

 

『Higher Than Dark Sky』の時にミラーボールがくるくる回ってて綺麗だった。

とっても素敵な雰囲気だったな〜。

いつもより長くジョンくんぬいぐるみの手をとって会場の皆さんにバイバイさせてたように見えた。

ぎゅうーってジョンくん抱きしめてる大chan、すごく愛おしそうだったょ。

 

大阪のトシマッハはナニワッハ♪に。

たこ坊にブチューと熱烈なKISSKISS

 

バンビーナはほんと部活にぴったりなテンション上向き上向き上向き曲だった。

部活ツアーでは、大chanが卓に隠れてはピョーンと思いっきり左右斜めに飛び上がってたもんね。

元気なアラフィフだw

イントロで「ウーファイ」「ウーファイ」「ウーファイ」「ウーファイ」とリピートして遊んでた。

自分が跳ぶ代わりにたこ坊を投げ上げて飛ばしてたり...可愛すぎる。

 

ツアー途中から「だいちゃ〜ん」という掛け声が入るようになった『逆光×礼賛』

「ヘイヘイヘイヘイ♪」と大盛り上がり。

JD-Xiのプレイも過激!

頭でゴツンゴツン、歯で噛み噛み。

 

大阪でも『Selfy Trick』でおちょうちょタイムトイレ

いなくなる時はササササ〜っとすばやいよねw

改めてプレリ見て思ってたんだけど、ちょうどこの曲が折り返し地点の位置づけみたいだ。

真ん中で大chanだけ休憩タイムってことかなw

 

部活ツアーで振り付けがみるみる上達した『S』。

思うようにできたのか誇らしくガッツポーズガッツポーズ

可愛いな〜もぉ!!!

 

『ELECTLIC☆NIGHT』で久々にマイクで生ボーカルの「だから〜」が聴けた(^0^)/

エレナイから続いてのジョイトレ。

 

『march hare』の煽り。

会場のお客さんをタコ呼ばわりw

「タコたち跳べるよね?

全てをさらけ出して跳びなさい!」←命令形w

 

『3x10^8 LUCKS』

はやぶさが飛び上がってく様な音が壮大でかっこいい。

大chanはJD-Xiを立ててプレイ。

赤のライトが宇宙船ぽくて綺麗だった!

 

『永遠dive』でJD-Xiを放り上げ。

悲鳴の様な歓声が上がるが、みごと片手でキャッチピース

部活グッズのSVタオルを広げて、コレ!コレ!と主張w

 

『Vertical Innocence』でめちゃめちゃ撃ちまくってた大chan。

つまみプレー、キレッキレ!!!

 

パペマスのBPMをドンドンあげてく大chan。

「跳べ〜!!!」

ロスコンでは帽子を上から片手で抑えながらヘドバンする大chan見るの好き!

シャイコレで、JD-Xiをぎゅっと抱きしめてチューキス

パペマス→ロスコン→シャイコレの流れに、激しくて息も上がったが(笑)、会場もアゲアゲアゲアゲアゲアゲアゲアゲ

 

『GATE 機戮埜絽が差してた大様。

 

『嘲笑』でウィンクをライトで見せてくれてた。

 

 

「僕もタコになった」

「会場のタコをつまみに呑みました」

「会場全体たこ焼きだょ」

 

会場からの「神〜♪」の声に、「知ってます」とドヤ顔。

「(会場を差して)みんなが神ですょ。神あっての神。神ツゥギャザーおーおー

部活会場は神々たちの饗宴ですかwww

 

大阪のお姉ちゃんといえばヒョウ柄。

なんでトラじゃないの?と。

「何がいい?」って聞くと会場から「ガォー」って声が聞こえてきて、「(またまたそんな安易なと言わんばかりに)幼稚園児じゃないんだから」と笑う。

「ヒョウは英語でなんて言うの?」

「レオパード」

「なんでみんなそんなによく知ってるの〜?」

(いや、自分はよくわからなかった;;)

 

恒例の新兵器でリミックスの音を選んでく大chan。

チャッピーが大人気なんだけど、この音色探すの大変なんだって。

何ギガとかある中から探さないといけないらしい。

チャッピーが鳴ると大歓声の会場に、「チャッピー人気持ってくのやめてー」と一言w

会場から「そのチャッピーの下」とかいろいろ要望が出ると、「おい、誰がボタン押してると思ってるんだ?!」と大様おこw

この上から目線がかっこいい、「きゃー」ってなるwぽっ

 

神といえども酔っ払い介なので、たまには間違うこともある。

緑を打としてチャッピーと間違え、さらに紫と間違え、途中でダメだダメだ...と独り言。

ひとしきり音作りに没頭する大様。

「危うく乗せられてリミックス作るとこだった。かっこいいリズムができたら、このままでいいかなと思っちゃったょ」と苦笑い。

リミックス作るために心をひとつにするコール。

ファイナルなので、たこ焼き言いすぎてもう出ないってのが見たいとご所望。

「た〜こ焼き♪」って言いながら両頬を人さし指で差しツンツンしなさいと指示。

これ、大chanがやるとめっちゃ可愛いんだけど、会場内には男性もたくさんいらしてたので多少辛いもんもあったのでは...w

 

こうやって毎回会場とのやりとりしながら、その場の雰囲気を織り込んだ『24sync』のリミックスをリアルタイムに作ってしまうのには尊敬の念しかないけど、さらにその打ち込み過程を卓の上に腰掛けて見せてくれるサービス精神に脱帽。

それを見てた近くにいた男性のお客さんが「なるほど〜、なるほど〜」と何度も唸ってて、やっぱ大chan偉大な人なんだな〜と改めて実感。

音を楽しめるだけじゃなくて、実際に自分で打ち込むとかしてる方にとっては、こんな近距離で神の技をまざまざと見れるなんて、なんと贅沢で豪華な場なんだろう!!!

この1stのファイナルは「大阪レオパードリミックス」と命名。

 

 

可愛いオクトパスとお話しようね...とMCでは前に出てきて話してくれた。

大阪ファイナル、なんか最初っから最後までたこ焼きづくしw

 

お嫁に行く時はたこ焼き器まで持って行くと言われてる噂を実際に検証。

家庭にたこ焼き器がある人〜と挙手させてたら、その確率の高いこと!高いこと!!

「そんなにたこ焼き好きなんだ?」って大chanも驚いてたけど、いや〜ほんとびっくりだょ。

たこ焼きって買ってくるものか、外食で食べるものだと思ってた。

家で作ろうっていう発想自体なかった;;

 

大chanのまめ〜な知識登場!

たこ焼きの元祖はラジオ焼きというもの。

ラジオ焼きは昭和8年にできて、この時は中身がタコではなく牛すじが入ってたらしい。

タコが入るようになったのは昭和10年。

大阪にたこ焼き屋さんは639店舗あるそうな。

 

大阪は第二の...と言って口を濁してたけど、確か名古屋でも第二の故郷とかなんとか言ってたような。

大様セールストークがお得意!

「みんな大好き!第二の方が大事だから」

「可愛い 可愛い たこ焼きのお友達」

 

たこ焼きの大阪風ってあるの?って質問してた。

つゆに付けて食べる明石焼ってのもあるからかな。

外はカリッとして中がふっくらっていうたこ焼きもあるけど、大chanはまわりの皮がむにゅってしてるのがお好きなんだって。

 

「これから全員でたこ焼き食べに行きたい。今日は1番カオス!たこ焼きをみんなに奢りたいくらい楽しかった」

そんな風に言ってもらえて、こっちもほんとほんと楽しくて幸せな時間だった。

 

部活ツアーはすごく勉強になったとのこと。

歴史とか勉強になって、実際にその歴史の舞台になった土地を訪れて、これこれこういうことが昔あったんですって言われると実感が湧いたそうだ。

 

そそ、ここでもどこから来たかチェック。

すごく千葉からって方が多くて、千葉に侵食されてるなって笑ってた。

 

「1人欠けてもこの空間はないんだぜ。」と、歴史の中で見ても今日のこの瞬間ってのはとんでもない確率なんだってことを話してた。

いろんな偶然や必然があって皆がここに集って、大阪ファイナルを共有してる!

「今日会えた偶然に感謝して、これを曲にフィードバックしていきます。」

 

7/5リリースのqpのDVDについて。

このDVDはまず豊洲のを観てもらって、それからフォーラムのを観て大chanの成長を観て欲しいと語ってた。

豊洲の頃はまだMoog(タンス)を恐れてて、ひよっ子だったと。

タンスと仲良しになって、操られてるんじゃなくて大chanの方が制御してる(手なづけてる?!)手応えがあるんだろうね。

これはキーマガのコラムでも書いてあったね。

フォーラムのDVDを出すんだったら、豊洲のDVDを出すことが前提。

ここは譲れない大chanのこだわりのような気がした。

 

『LOVE&JOY』にチャッピーがmixされてた。

 

マイクで「ちゅっちゅ〜〜」と叫んで始まった『KISS FOR SALOME』。

Macが熱暴走したのかよくわからないが、おかしくなちゃった。

 

『Summer Rain』を最後にみんなで大合唱。

大好きなコーラスを、マイクで歌って生で入れてくれたことに大感激してた人がここにきゃーきゃー

迷う人がいないように「キスミー」だと唇を指して、「ラブミー」だとハート作って、次の歌詞はこっちだょってうまく誘導してくれる、それも優しい気遣い。

「音楽を始めたきっかけは、僕が作った曲を誰かが口ずさんでくれたらいいな〜ってことからだった」と、よく話してくれるね。

だから会場のみんなが歌ってくれるのを見たり聴いたりしてる時の大chanはとっても嬉しそう!

「皆がいるから僕がいる。」

「僕の曲が皆のパワーになってくれていたら...」

「また応援してください!」

 

後ろの方まですごく盛り上がってくれてありがとうって言ってくれてた大chan。

こちらそこ...。

会場のあちこちにいっぱい手を振ってくれて、「タコタッチしていこうぜ!」とステージを後にした大chan。

会場の出口のとこで待っててくれて、1人1人とタコタッチw

「名古屋から来ました〜。楽しかったです!」と言ってたら、「ありがとー」と言いながらなんかすごくじーっと見つめられて、どうしていいのかわからずまたまたその場で固まった(相変わらずダメダメな人 がっくり )

 

 

 

進化したmash upが2回も来て、神業とキレッキレのパフォーマンスとカオスな部活に鳥肌もの\(^o^)/

最高に幸せでほんと帰りたく気分だったょ。

あまりに楽しすぎてズブズブと部活沼にさらにハマリそう。

2ndもなんとか参加できるといいな〜!!!

 

やってることはとてつもなく高度な神業で、かっこいいリミックス作り上げたりリアタイアレンジで盛り上げたりしてる反面、親愛の情があるゆえのdisりトークやたまにチラッと見せる素の顔、ニヤニヤっとMac画面見て何やってやろうかといたずらっ子のような表情してたり、JD-Xiを放り投げるわ抱きしめてチュチュするわ噛みつくわ、かと思えば勢いよくおちょちょタイムでステージ駆け出してくわ…かっこいい大chanと可愛い大chanと酔っ払いでやんちゃな大chanが共存してるなんともカオスな空間。

この魅力にどんどん部活沼にハマってる。

思いっきりはしゃいで笑って感動して無になって、日頃溜まってる心の垢をすべて浄化してくれるパワーをもらってる。

大chan、ありがとう!!!

1stも1部の公演しか参加できなかったけど、すっごい楽しかった楽しい楽しい

またsecond coursではどんな新兵器が飛び出すか楽しみに待ってまーす(^0^)/

 

 

 

 

 

【余談】

大chanと同じ新幹線で帰ろうかどうかと迷ってたけど、自由席まで移動するのが大変で、まずはお見送りしてからと...次の便にすることに。

ホームで「シンセヤロウ観に行きました」...とか他のアーティストのFANの方に声かけられてた大chan。

これは他アーのFANだからできることであって、とてもじゃないけどDAクラは遠巻きに観てるのがやっとだよね;;

でもその方達にも「可愛い〜」って言われてて、嬉しかったな。

 

新幹線に乗り込んだ大様とスタッフSさん。

ちょっとしたらサラリーマン風の男性に声かけられてて、「あらっ、このおじさまもTVとかで観て知ってて声かけてるのか。勇気あるわね。」って思ってたら、どうも大chan達が座ってた席が違ってて、すいませんみたくペコペコして荷物持ってホーム側の席に移動してきてたwww

すぐさまスタッフSさん、大chanだけ残してどこかへ行かれてしまって(たぶん、スタッフSさんのおちょうちょタイム?)、大chan1人でお見送りのヲタに対応することとなってしまってたょ。

バイバイと手を振ってくれて、最後の最後までサービス精神旺盛な大様に感謝感謝

2017.10.18 Wednesday

スポンサーサイト



spacer