カレンダー

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
accessニューシングル「Knock beautiful smile」5/24リリース!

search this site.

DAサウンド


☆DA METAVERSE











★DA METAVERSE 2nd Season START!
iTunes Store
で配信中!


★Heartbeat131
SynthJAMメンバー5名による共同プロジェクト楽曲

今日の空模様


-天気予報コム-

archives

アーカイブの古い日記は自動改行が反映されなくて読みづらいですが、あしからず

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

THE BEST WORKS OF DAISUKE ASAKURA  quarter point
THE BEST WORKS OF DAISUKE ASAKURA quarter point (JUGEMレビュー »)
浅倉 大介
2016年、デビュー25周年を迎えた浅倉大介。その記念アイテムとして、自身が作・編曲した楽曲をコンパイルした2枚組アルバム『THE BEST WORKS OF DAISUKE ASAKURA quarter point』が登場。1991年のデビューからこれまでの25年間に浅倉の手によって生み出された楽曲は実に750曲を超える。その中からソロ、access、Icemanの楽曲はもちろんのこと、T.M.Revolutionのデビューのきっかけとなった浅倉大介expd.西川貴教、さらには藤井隆、雛形あきこ、中森明菜、東京パフォーマンスドールなど29曲を厳選。そして、このアルバムのラストには浅倉大介の最新書き下ろし未発表曲である「First Quarter moon〜上弦の月」も収録され、DAサウンドの25年史をじっくり追体験できるコンピレーションに仕上げられている。

recommend

【送料無料】 浅倉大介 / Sequence Virus 2015 【CD】
【送料無料】 浅倉大介 / Sequence Virus 2015 【CD】 (JUGEMレビュー »)
2015年に行われた浅倉大介クラブイベント「Seq Virus 2015」より、選りすぐりの全15曲を収録したクラブミックスアルバム第7弾。

ディープなDAクラブサウンドは必聴!!

recommend

recommend

recommend

recommend

タイトル未定(A盤)
タイトル未定(A盤) (JUGEMレビュー »)
access
「A盤」「X盤」「S盤」3タイトルリリース!
「A盤」には、新曲と春ツアー「ELECTRIC NIGHT 2016」で披露した「Missing 4 seasons」の2曲を収録。「X盤」「S盤」には、新曲と「ELECTRIC NIGHT 2016」の貴重なライブ音源をそれぞれ収録。

A盤(DWDH-023)・X盤(DWDH-024)・S盤(DWDH-025)の3種類いずれかをお買い上げの方に、それぞれの特典としてポストカードをプレゼント。
一部、店舗および通信販売によっては特典がつかない場合もございますので、必ず、予約・購入時にご確認ください。
特典には数に限りがございます(先着となります)ので、予めご了承ください。

recommend

recommend

recommend

Fated Crown(初回限定盤)(DVD付)
Fated Crown(初回限定盤)(DVD付) (JUGEMレビュー »)
佐咲紗花
浅倉大介作曲によるアルバムリード曲「Fated Crown」を含む全13曲収録

recommend

篠原ともえ ★ALL TIME BEST★
篠原ともえ ★ALL TIME BEST★ (JUGEMレビュー »)
篠原 ともえ
天文友達でもある浅倉大介のピアノ演奏とアレンジにより、星歌の名曲と誉れ高い「嘲笑」(歌詞:北野武/作曲:玉置浩二)の新録カヴァーが収録

recommend

recommend

コタニキンヤ. / raremetal heart 【CD Maxi】
コタニキンヤ. / raremetal heart 【CD Maxi】 (JUGEMレビュー »)
コタニキンヤ.待望のニューシングル!
実に15年ぶりに浅倉大介氏作曲、作詞には麻倉真琴氏をむかえ、2016.6.15堂々リリース!
カップリングには、劇場版ツバサ・クロニクルのOPテーマ「aerial」のセルフカバーを収録!

recommend

recommend

逆光×礼賛
逆光×礼賛 (JUGEMレビュー »)
東京パフォーマンスドール

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

Re-Sync Cluster
Re-Sync Cluster (JUGEMレビュー »)
access
春のミニマムクラスタツアーで特典についたリミックス3曲と大chanオリジナルのリミックス3曲収録予定のリミックスCD

recommend

【送料無料】 access アクセス / Secret Cluster 【CD】
【送料無料】 access アクセス / Secret Cluster 【CD】 (JUGEMレビュー »)
2012年にリリースしたシングル「Wild Butterfly」「Bet〜追憶のRoulette〜」のアルバムバージョンと記念すべき20周年イヤーに制作した未公開楽曲のみで構成。最新のアクセスサウンドが詰まった珠玉のニューアルバム!

recommend

D-Trick
D-Trick (JUGEMレビュー »)
浅倉大介
名盤復刻シリーズ、ソロ名義2タイトル、AXS名義3タイトル、Iceman名義5タイトルの計10枚、最新リマスター音源&Blue-spec CD2にて再リリース!

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

RETRIEVER(レトリーバー) 2015年7月号 Vol.80
RETRIEVER(レトリーバー) 2015年7月号 Vol.80 (JUGEMレビュー »)

「この本に載るの憧れでした!」という大様の夢が叶った1冊。

ベルカ姫に宛てた手書きのお手紙が掲載される。

recommend

DVD付 新版 動物 (小学館の図鑑 NEO)
DVD付 新版 動物 (小学館の図鑑 NEO) (JUGEMレビュー »)

大chanちのジョンくんがバーニーズマウンテンドッグのモデル犬としてイヌの品種3の項目に登場!

recommend

recommend

recommend

SO SWEET
SO SWEET (JUGEMレビュー »)
Sugar&The Honey Tones;吉田建;土屋公平;屋敷豪太;浅倉大介
某音楽番組で共演してる「甘音会」メンバー、吉田建、土屋公平、屋敷豪太、浅倉大介、4人のミュージシャンによるバンド“Sugar & The Honey Tones”が、60〜70年代の屈指のSWEET MUSICをカバー。

recommend

ミュージカル「グッバイ、チャーリー」劇伴
ミュージカル「グッバイ、チャーリー」劇伴 (JUGEMレビュー »)
演劇・ミュージカル
大chanが音楽担当し、ミュージカルの初フルオリジナル書き下ろしの曲のサントラ盤。

mobile

qrcode

powered

みんなのブログポータル JUGEM

わ〜い、ついに自分的ツアーの初日を迎える。

2日前に新曲のMV公開されたんだけど、せっかくだからライブで初聴きしたくて、う〜んと我慢。

どんなかな、どんなかなとワクワク

 

やってきたぜ、ボトムラインおー

 

夜のボトムライン、とっても外観がムーディー。

 

 

 

 

朝はちょっと寒かったけど、すこぶるいいお天気。

本当にこれからそんな天気の急変があるのか...と思えるほど。

 

 

大chanも途中経過は良好。

だろうねw

頭に雲かぶっちゃってるから。

でも、まだまだこの頃はいいお天気。

 

 

物販スタートの1時間前に到着。

この頃は着てくるもの間違えた?!って思えるぐらい、日差しがじりじりと照りつけて暑いこと!暑いこと!

晴雨兼用傘では大雨はしのげないだろうと普通の雨傘持ってったので、とりまそれで日差しを防ぐ。

んが、物販スタートするぐらいにだんだん空模様が怪しくなってきて、ポツ、ポツ...と雨が。

幸い前の方だったので、グッズ買ってCD予約して慌てて近くのデニーズに避難。

お店の前の旗がとんでもなくバタバタはためいてるし真っ暗になってるし...外を通り過ぎる方を見ると傘を斜め前に押し出す感じで歩いてる。

その時間に並んでた方に後から聞いたら、暴風雨のようなものすごい天候で、ずぶ濡れだったそうな真っ青ギャー

 

「きっと今頃会場入った後だろうね...」なんて友達と噂してた通り、どうもちょうど会場入りした後に雷雨が凄かったらしいことを大chanのMCで知るw

名古屋に来るといつも天気がすごいと苦笑いの大chan。

昔、ツアーで名古屋から大阪へ移動するのに、新幹線泊まってたんだったのかな、スタッフさんの車で移動することになったんだけど、(こういうのなんて言うんだった?...と身振り手振りで)そうアンダーパスにはまって動けなくなってしまったアクシデントがあったことを話てくれた。

そう忘れもしない、降水確率0%で天気予報でも「雨」の「あ」の字も出てこないのに、終わって会場出ると雨降ってたこともあった。

また、大chanの入り時間帯だけ空が怪しくなってきて夕立みたいに通り雨が降ったり...。

もぉ雨雲連れてやってくる伝説には事欠かないw

 

 

物販を担当してくれたスタッフさんが、とっても親切な方で気持ちよくスムーズに購入できた!

Tシャツのサイズに困ってたら、当ててみてくださいとススメてくれたり、トートバッグの中を見せてくれて「ここにポケットもついてますよ」と説明してくれたり。

リング型ライトも指輪部分の色がライトの色だと勘違いしやすいので、1つ1つ光るライトの色を教えてくれた。

 

会場限定マグネットクリップはこれ⥥

ユニフォームとしてはかっこいいけど、AXSでもなく個人名でもない汗

 

 

 

まさにサンダービーム降らせちゃったAXS(と言うかDA)雷雷雷

すごすぎる!!!w

 

乙女な大chan、かわゆー。

ほんとこういうポーズが似合う人だな〜♪

バルーンのニコちゃんが大chanにチュッチュしそうな感じ。

 

 

 

入場は入口の左右に、向かって左側にはSmileでとったAの番号、右側にはSUNでとったBの番号を並ばせる。

こんな別々にするの珍しいな。

入場させる時には1番号づつ読み上げ。

今回は200番を回ってたので、入場した時にはフロアはほぼほぼ埋まってた。

しょうがないので1Fの段差上がった1番後ろの方で見てた。

両方のお立ち台とシンセブースは辛うじて見えるけど、柱で遮られてセンター部分が全く見えず。

歌は聴こえてくるのに姿はほとんど見えず、AXSのライブに行ってるのになんか不思議な感じのライブだった;;

正面の柱にモニター用と思われるディスプレイがかけてあったので、見えないとこはこれで補完して見ればいいね...と言ってたのに、ライブ中全くなんの映像も映らず、いったいこれは何のためにあるのか謎。

TLで見かける大chanのお股から手を出して貴水さんがショルキー弾いてたっていう光景も、その会場にいながら、それどこの話?って感じがっくり

 

 

大chanの衣装、ソロライブの時みたくキュロット。

遠くからだからだいたいしかわからないんだけど、全身白でシューズも白。

天使な大様、すっごい可愛い。

 

 

【セトリ】

1. ELECTLIC☆NIGHT

2.S

3.Be Nude

4.JOY TRAIN

5.f☆R☆E☆e

6.MOONSHINE DANCE

7.We'll

8.Ride Up Far The Shiny Way

9.24sync

10.Especially Kiss

11.GONNA BE

12.Knock beautiful smile

13.SCANDALOUS BLUE

14.Doubt & Trust

15.IZASUSUME!

16.永遠dive

 

《EN.》

1.三大ダンスナンバー AGAINST THE RULES , LYIN' EYES , NIGHT WAVのmush up

2.Vertical Innocence

 

 

落として壊れたショルキーまだ入院中なのか、赤ショルキーが活躍してた。

今回何に驚いたって、まず1番ビックリしたのがシンセブース。

左手側には2段にキーボードがセッティングされてたが、前面には鍵盤ものが何もない。

まるで部活仕様w

このシンセセッティングを見るだけでも、今回のエレナイが今までのとはかなり違うんだなってのが伝わってきた。

 

今回のツアーの中では、『Ride Up Far The Shiny Way』と『Doubt & Trust』のアレンジがめちゃめちゃかっこよくて感動した。

『Ride Up Far The Shiny Way』のイントロからもうかっこいいきゃー

異次元に連れて行かれる感じ。

リズムもかっこよくて気持ちよくて、貴水さんのフェイクもよかった!

『Doubt & Trust』、鍵盤連打するわ、ピアノの手弾きがとにかくやばすぎた。

目は釘付け、心も持ってかれたな〜。

踊るのも忘れ、じーっと佇んで思わず見入っちゃうし、聴き惚れた感動

終わった瞬間に「すごーい!すごーい!めちゃめちゃかっこいい!」って独り言叫んでた。

あっ、途中でリング抜いてそっとキーボードの脇に置いてたね。

 

一緒に参加したお友達は、スキャブルのアレンジが「すごいよかった」「好きだ」ってしきりに言ってたょ。

そのスキャブル、前曲が新曲で、そこからのつなぎがとっても気持ちいい。

「フォーミタイ♪」

左側のシンセの上段と下段の両手弾き。

ずーっと音を押し続け、天を仰ぐ大様!

最後キーボード弾き倒してた。

 

そうなのよー、今回のツアー、大様のキレッキレの荒々しいピアノ手弾きに心をギュ〜っと鷲掴みにされたょキュンキュン

ああそれと、今まではいつも部活の煽りのノリで、手をにゃお〜って感じで手のひらを前面にして指先丸めるような振りしてたけど、今回は手のひらを上にして上へ上へって感じの振りしてて、それが妙にサマになっててかっこよかったんだょ!!!

DJ界(ってのがあるのかどうなのか知らんけど)の最先端の流行りなのかな...と勝手に思ってる。

 

 

『S』の白いシンセのグルーブが気持ちよかった。

 

『Be Nude』へ、ジェット音みたいなのでつなぐ。

リアタイアレンジで押しながらジャンプ!

 

『JOY TRAIN』ではJD-Xiを片手で掲げたり、放り投げて受け取ったり。

ツマミをすごくギュインギュイン。

 

『f☆R☆E☆e』は下へ下へかがんでって指令を出して、思いっきりジャンプジャンプ

 

『MOONSHINE DANCE』を会場のみんなに歌わせようとするんだが、大chanの演奏だけでは最初何の曲だかわからず、皆さん「えっ?」「えっ?」って感じだった。

 

『We'll』は上から白いライトが扇型に降り注ぐ。

「One heart」の歌詞のとこで手でハートを作る大chan。

2回目にはその手で作ったハートにチュッてしてた。

 

『24sync』の前に、会場に手拍子求める。

JD-Xiの噛み噛みプレイしてたように見えたけど、チュッチュしてただけなのかな。

こんな後ろじゃはっきりわからなかった;;

 

 

最初っからすっごい暑くて暑くて汗だく。

会場が白く煙ってて、本編最初のMCで「湯気がすごい」って言われてたw

大chanが「みんなのエキス吸い取ってく」って言ってたょ。

「来るたびに、この人達は守りに行かない人達だな〜ってのがわかってもらえたと思うんですが」

「乗り遅れてませんか〜」

「グイグイノリノリで来てください」

「ついて来れますか〜」

 

『Especially Kiss』のあと貴水さんが、「大chanシンセブースから出てきたら?皆も大chanの下半身見たいよね」ってw

なんで貴水さんが言うと、こんなエロいんだろw

 

『GONNA BE』は赤ショルキーでお立ち台へ。

かなり重低音なギター音を、このショルキーでかき鳴らすって感じだった。

 

2日前に新曲のPromotion ver.のMVが公開されたが、やっぱライブで新曲初聴きしたくて我慢してたかいがあったー!

このツアーでは宇宙一、世界一の披露!

なに、この、神々しさハンパない曲は...。

天からキラキラ光が降り注いでくるかのようだょ。

全てが浄化されてくような圧倒的な透明感。

あったかくて優しく包み込まれるような抱擁感。

「楽園」って話してたイメージがすごく実感できた。

手を掲げる大様が神に見えたっ天使

 

『IZASUSUME!』はGO!GO!GO!GO!の荒ぶり具合

 

『永遠dive』

ショルキーでステージを馳け廻る大chan。

下手でお客さんからタオル借りてクルクル。

上手でお客さんの帽子を借りてクルクル。

落としそうになってたw

綺麗に形を整えて返してたのが、律儀な大chanらしいな。

上手お立ち台の下から大chanが見上げてると、貴水さんが気がついて肩を抱いてた。

 

本編終わって、ステージをはける時に帰り道がわからなくなってしまった様子の大chan。

スタスタ上手に歩いて行こうとするからこれから何すんだろう?と思ってたら、ただ迷い子になってただけなのね。

そんな大chanを、おいおいどこ行くんだって風に貴水さんが引き止めてたあはは

照れなのか、また同じこと繰り返してまた上手の方へ行こうとして止められ、会場の笑いを誘ってたw

(ちなみに上手には楽屋へ行く出入り口はないと思われる)

なんかこの光景が微笑ましくて、大chanがめちゃ愛おしかった。

 

 

アンコール待ちの時ステージバックのLEDに、ブルーのバックに赤でXXVって表示ってされてた。

アンコールで登場した大chanはピンクのツアーT、貴水さんはグリーンのツア−Tにお着替え。

かなりテンション高いですね...と。

超強力加湿器付き(プラズマ)クラスターとして売り出したいって、大chanがw

 

大chanから後光が差してたという貴水さんのコメントから、「後光プリーズ」と言うと照明さんが横からライト当ててくれてた。

もう扱いがまるで女優さん!!!

ってか、途中で大chanがお水飲んでる時に、すかさず「あっ今日はストローついてるんだね」って女優ストローとか言われてたの思い出したw

 

新曲について。

皆さんからすごくパワーをもらってるので、25thには皆が笑顔になれるような曲を作ったとのこと。

タイトルはAXSらしい造語。

かなりエレクトリックサウンドと2017年らしい音の融合で、気がつくとどんどん盛り上がっていってらっしゃ〜いな感じだと。

正直いつもいつも笑顔にはなっていられないだろうけど、心の中にある小さな笑顔の元(種だっけ?)をノックして、笑顔になれるきっかけを作ってくれる曲、背中を押してくれる感じの曲になってるようだ。

少しづつネタバレしていくと、イントロはタンスで作った音。

アナログだから音が安定するまでに時間がかかるので、2日前から電源入れておいたらしい。

うわ〜そこまでしてくれてたんだね。

タンスの音をレコーディングに使う大変さというか、こういうことなんだな〜ってのを実感したエピソードだった。

すっごい低音が出てるので、いいヘッドフォンとかイヤフォンとか用意しておいてください!と、大chanの自信作への意気込み感じたな。

 

今日からGWだということを今日知ったという貴水さん。

AXSは平成生まれだけど、構成員は昭和生まれ。

(ちょ、構成員ってw)

大様は昭和42年生まれ未年。

貴水さんはその2つ年下で、昭和44年生まれなのに、つい自分でも申年だと思ってしまうに大ウケw

 

今日が昭和の日だってことにちなんで、昭和ネタのMCに。

女優ストロー話から、昭和時代にこんなペットボトルなかったよね...と大chan。

 

昭和の古き良き時代の思い出話に花が咲いた。

いや〜ほんとグダグダになりそうなMCも、なるほどね〜と同感できるいい話してたと思うょ。

今電話見ても受話器をどこに当てていいかわからない世代も出てきてるんじゃないかって。

確かに家の固定電話なくて、携帯やスマホだけってご家庭もあるもんね。

電話でマナー覚えたと大chan。

まず親が電話に出るので、どのくらいまでなら電話しても失礼にならないかとか、取り次いでもらうのにちゃんとした言葉で話すこととか。

「もしもし夜遅くにすいません。○○小学校の浅倉大介と申しますが、〇〇さんいらっしゃいますか?」

あの頃はこんな声も低くなかったと説明付きで再現してくれた。

「そんな夜に小学生が何の用があるっていうの?」という貴水さんの反応が面白い!

貴水さんは学校帰りに女の子を連れて帰ったらから電話することもなかったそうな。

ヘェ〜そんな頃からね、さすがだわ...という風な大chanの態度がまた面白かった。

 

当時の子供の好きなものBEST3

巨人、大鵬、卵焼き

これを大chanは知らなかったそうだが、貴水さんの豆知識。

 

ゲームも当時はファミコンの時代。

カセットの差込み位置をふ〜ふ〜吹いたりしてたそうだ。

あの頃はSAVE機能がなくて、紙に記録してたんだって。

デジタルなのに思いっきりアナログw

 

他に昭和の思い出ない?って聞いてて、「万博、大阪万博」って声に、「ここは名古屋でーすぅー」って意地悪ぽい言い方してたのが、子供みたいで可愛かった。

名古屋というと...レゴランド。

超合金のおもちゃとか買ってもらえなくて、あっこちゃんの教育方針でレゴは買ってあげるから自分で作って遊びなさいと言われ多そうだ。

でもそのおかげで、クリエイターとしての素質が磨かれたとも言えるんじゃないかな。

創意工夫のできるお子様が育ったんじゃないかしらん。

 

女の子のおもちゃと言ったらリカちゃん人形。

「なんで女の子はお医者さんごっことか夫婦ごっことかしたがるんだろうね。」と貴水さん。

夫婦ごっこって何?

おままごと遊びのことか。

貴水さんが「夫婦ごっこ」っていうと、すごくエロく聞こえるw

本当はサッカーがしたいのに、女の子達にままごと遊びを付き合わせられる幼少期の貴水さん。

「砂のご飯が美味しいわけないだろ」にワロタw

そこは子供の美学だから。

ってか当時からモテてた黄金伝説ってことか。

「2人でお医者さんごっこするか」という大chanの発言に、会場がギャーーー。

 

天皇の生前退位問題、ちゃんと時事ネタチェックしてんだな〜と思った(←失礼)

「もうすぐ平成も終わってしまいそうですからね」

「昭和の前って明治?」

会場から「大正」ってつっこまれてた。

大chanの「大正」の発音が「大将」になってた件w

 

鉄棒が大好きだったという大介少年。

飛行機飛びだけはチキンだったからできなかったそうな。

(飛行機飛び...ググってみて確認)

鉄棒話から最新の公園での遊び事情へ。

危ない危ないってどんどん遊具も撤去されてってるけど、あれはどうなの?っていう意見。

コーヒーカップの遊具で大chanがぐるぐる回しすぎて、一緒に乗ってた友達を空いてるスペースから飛ばしちゃった事件があったそうだが(それって一般の公園なの?)、幸いそのお友達は大したことにならずに済んだようでよかった。

そういう体験を通して子供は、ここまでなら大丈夫とか覚えてったのに、今はそういうことがないとお嘆きの様子。

あと、砂場も物体があったりしたけど(笑)、なんでも遠ざけて返ってアレルギーになる人が増えたり...と。

人間はある程度バイキンもないと抵抗力弱くなる....みたいな話から、「ここにいる皆さんはある程度バイキン持ってると思います。」という大chanに、「あるわけないじゃん」と貴水さん優しくフォロー。

「ボクも持ってますから。みんな天使、キレイ、キレイ」って大chanも自分のコメントをフォローw

 

昭和ネタでトークしてて、「今日は電話で振り返るAXSの歴史でした」「誰?もういいって言ったの!ぶっ殺す」

貴水さんが例のごとく「そういうのやめなさい」的に諭してた。

 

公衆電話自体が撤去されちゃってるから、テレカ挿すとこもなくなってるねと貴水さん。

AXSでテレカって出したっけ?という話にもなってた。

 

テレカからSUICAなどのICカードに話が飛び、電車も切符切るおじさんがいなくなった...と。

力いっぱい入れようとしてたけど(それ新幹線の話)、今はタッチだから。

駅のアナウンスでお姉さんの声が流れてるけど、それが聞きたいのに、おじさんが途中からそれにかぶせてくると不服そうな大chan。

 

昭和はバブル、バブルといえばAXS

11/26はAXSの日。

メモリアルデーに式典でもやるかって話してた。

名古屋はデビューの時からお世話になってて、いつも盛り上がってくれる...とありがたいお言葉をいただきましたありがとう

 

 

「AXSの三大ダンスナンバー(三大の言い方を、合ってる?って貴水さんに確認)をマッシュアップでお送りしたいと思います」

噂には聞いてたけど、部活でもすごいと思ったマッシュアップをこのエレナイでやっちゃうAXSヤバい!!!

アゲルーの途中で大chanがラインアイズの横ピースのフリ入れてて、えっえっ?って思ってるうちにまたアゲルーに戻ってて、そこからラインアイズ→ナイトウェーブいったかと思ったら、最後はラインアイズで終わるという。

 

『Vertical Innocence』はお立ち台の上でキック、キック。

間奏...漲る大様!!!

 

「やっべー、すごい、気持ちいい、名古屋サイコー!」

こうやって名古屋に来れることが大事!と、ツアーがライブが定期的にできるってことは当たり前じゃないんだってことを再確認させられる。

「皆にパワーもらって、それに返していきたい。」

「これからも皆のために生きて生きたい!」とまで言ってくれた貴水さん。

「25周年を再確認して、これからも応援してください」のようなことをコメント。

 

「名古屋のビューティフルスマイルにチュッチュ〜♪」と大chan。

「ブチュ〜」と貴水さん、「愛してるぜ〜」ってステージはけてった。

 

 

エレナイツアー初のアクセスタッチ体験。

ちょっと離れて見る大chanは、なんか虚ろな感じでお疲れ模様?

ただ正面行くと、いつもながら神と目を合わせることできず、頭真っ白でほぼ記憶がない...申し訳ない冷や汗

正直意外だったのが、貴水さんがとってもお元気で、一言コメントに対して、ずっと視線合わせて移動してく方向に顔を動かして追ってくれてて、ライブ中センター部分が全く観れてなかったので、そこまでFANサービスしてくれてるのに申し訳ない気分になった(でもこれは柱のせいでしょうがないんだけど...)

 

 

 

フォトボム(Photobomb)とは 、

「偶然写真に紛れ込んでしまう」「写真を台無しにしてしまう」行為を指す。

現在では、誰かが写真を撮ろうとしている時に、後ろや横から写真に写り込むイタズラをさす場合が多い。

海外では、大きなイベントなどで有名人がフォトボムをすることがブームになっている。

 

大chanのいたずらっ子のような遊びココロ楽しい!

ブチュウ顔の後ろにこっそりイェーイ、イェーィって、可愛いな〜いえーいいえーい

 

個人的には今日がツアー初日。

名古屋めちゃめちゃ楽しかったです\(^o^)/

昭和バンザイ、大chanのキレッキレの荒ぶったプレイがすごくかっこよくて聴き惚れた。

アレンジもかっこよくてすごいテンション上がりました。また7日も楽しみ!

 

 

 

アクセスタッチ終わって会場の外に出たら、こんなお月様が出てた。

いい音に包まれて心が充足してるからなのか、ライブ後に見上げるお月様に感動する!

 

 

スタッフさんもお疲れ様でしたっ!

2017.05.23 Tuesday

スポンサーサイト



spacer