カレンダー

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>






search this site.

DAサウンド


☆DA METAVERSE

★DA METAVERSE 2nd Season START!
iTunes Store
で配信中!


★Heartbeat131
SynthJAMメンバー5名による共同プロジェクト楽曲

今日の空模様


-天気予報コム-

archives

アーカイブの古い日記は自動改行が反映されなくて読みづらいですが、あしからず

recommend

 (JUGEMレビュー »)

フランツ・リストが、超絶技巧のヴァイオリニストであるニコロ・パガニーニに感銘を受け作ったピアノ曲の1つが『パガニーニによる大練習曲 第3番「ラ・カンパネラ」』です。「カンパネラ」はイタリア語で「鐘」を意味し、曲中は「鐘の音」のような軽やかな高音の主題が展開されます。その表現には鍵盤上で2オクターブを高速で行き来する跳躍や、軽やかさと正確さを要求されるという、高難度の名曲です。
リストの“愛のムジーク”は戦闘開始を告げる鐘(ゴング)と真の愛に目覚めさせる梵鐘を出現させ、理栖斗との対決も“愛”ある方へと導かれ・・・!貴水博之氏の歌声が最も煌く音域を知り尽した浅倉大介氏による、華麗なアレンジとプロデュースが炸裂!圧倒的な“愛のムジーク”、ここに誕生!

recommend

タイトル未定(初回生産限定盤)(DVD付)
タイトル未定(初回生産限定盤)(DVD付) (JUGEMレビュー »)
access
5年振りとなる待望のオリジナルアルバムの登場!

今年でデビュー25周年を迎え、10年振りとなるメジャーシングルと4枚組のベストアルバムをリリースするなど積極的に活動する、浅倉大介&貴水博之のユニット・access。
5年ぶり、通算8枚目となるファン待望のオリジナルアルバムのリリースが遂に決定しました。
初回盤には初公開となるライブ映像2曲とライブ音源1曲を収録したファン垂涎の仕様。

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

THE BEST WORKS OF DAISUKE ASAKURA  quarter point
THE BEST WORKS OF DAISUKE ASAKURA quarter point (JUGEMレビュー »)
浅倉 大介
2016年、デビュー25周年を迎えた浅倉大介。その記念アイテムとして、自身が作・編曲した楽曲をコンパイルした2枚組アルバム『THE BEST WORKS OF DAISUKE ASAKURA quarter point』が登場。1991年のデビューからこれまでの25年間に浅倉の手によって生み出された楽曲は実に750曲を超える。その中からソロ、access、Icemanの楽曲はもちろんのこと、T.M.Revolutionのデビューのきっかけとなった浅倉大介expd.西川貴教、さらには藤井隆、雛形あきこ、中森明菜、東京パフォーマンスドールなど29曲を厳選。そして、このアルバムのラストには浅倉大介の最新書き下ろし未発表曲である「First Quarter moon〜上弦の月」も収録され、DAサウンドの25年史をじっくり追体験できるコンピレーションに仕上げられている。

recommend

【送料無料】 浅倉大介 / Sequence Virus 2015 【CD】
【送料無料】 浅倉大介 / Sequence Virus 2015 【CD】 (JUGEMレビュー »)
2015年に行われた浅倉大介クラブイベント「Seq Virus 2015」より、選りすぐりの全15曲を収録したクラブミックスアルバム第7弾。

ディープなDAクラブサウンドは必聴!!

recommend

recommend

recommend

recommend

篠原ともえ ★ALL TIME BEST★
篠原ともえ ★ALL TIME BEST★ (JUGEMレビュー »)
篠原 ともえ
天文友達でもある浅倉大介のピアノ演奏とアレンジにより、星歌の名曲と誉れ高い「嘲笑」(歌詞:北野武/作曲:玉置浩二)の新録カヴァーが収録

recommend

recommend

コタニキンヤ. / raremetal heart 【CD Maxi】
コタニキンヤ. / raremetal heart 【CD Maxi】 (JUGEMレビュー »)
コタニキンヤ.待望のニューシングル!
実に15年ぶりに浅倉大介氏作曲、作詞には麻倉真琴氏をむかえ、2016.6.15堂々リリース!
カップリングには、劇場版ツバサ・クロニクルのOPテーマ「aerial」のセルフカバーを収録!

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

タイトル未定(A盤)
タイトル未定(A盤) (JUGEMレビュー »)
access
「A盤」「X盤」「S盤」3タイトルリリース!
「A盤」には、新曲と春ツアー「ELECTRIC NIGHT 2016」で披露した「Missing 4 seasons」の2曲を収録。「X盤」「S盤」には、新曲と「ELECTRIC NIGHT 2016」の貴重なライブ音源をそれぞれ収録。

A盤(DWDH-023)・X盤(DWDH-024)・S盤(DWDH-025)の3種類いずれかをお買い上げの方に、それぞれの特典としてポストカードをプレゼント。
一部、店舗および通信販売によっては特典がつかない場合もございますので、必ず、予約・購入時にご確認ください。
特典には数に限りがございます(先着となります)ので、予めご了承ください。

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

Re-Sync Cluster
Re-Sync Cluster (JUGEMレビュー »)
access
春のミニマムクラスタツアーで特典についたリミックス3曲と大chanオリジナルのリミックス3曲収録予定のリミックスCD

recommend

【送料無料】 access アクセス / Secret Cluster 【CD】
【送料無料】 access アクセス / Secret Cluster 【CD】 (JUGEMレビュー »)
2012年にリリースしたシングル「Wild Butterfly」「Bet〜追憶のRoulette〜」のアルバムバージョンと記念すべき20周年イヤーに制作した未公開楽曲のみで構成。最新のアクセスサウンドが詰まった珠玉のニューアルバム!

recommend

D-Trick
D-Trick (JUGEMレビュー »)
浅倉大介
名盤復刻シリーズ、ソロ名義2タイトル、AXS名義3タイトル、Iceman名義5タイトルの計10枚、最新リマスター音源&Blue-spec CD2にて再リリース!

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

RETRIEVER(レトリーバー) 2015年7月号 Vol.80
RETRIEVER(レトリーバー) 2015年7月号 Vol.80 (JUGEMレビュー »)

「この本に載るの憧れでした!」という大様の夢が叶った1冊。

ベルカ姫に宛てた手書きのお手紙が掲載される。

recommend

DVD付 新版 動物 (小学館の図鑑 NEO)
DVD付 新版 動物 (小学館の図鑑 NEO) (JUGEMレビュー »)

大chanちのジョンくんがバーニーズマウンテンドッグのモデル犬としてイヌの品種3の項目に登場!

recommend

recommend

recommend

SO SWEET
SO SWEET (JUGEMレビュー »)
Sugar&The Honey Tones;吉田建;土屋公平;屋敷豪太;浅倉大介
某音楽番組で共演してる「甘音会」メンバー、吉田建、土屋公平、屋敷豪太、浅倉大介、4人のミュージシャンによるバンド“Sugar & The Honey Tones”が、60〜70年代の屈指のSWEET MUSICをカバー。

recommend

ミュージカル「グッバイ、チャーリー」劇伴
ミュージカル「グッバイ、チャーリー」劇伴 (JUGEMレビュー »)
演劇・ミュージカル
大chanが音楽担当し、ミュージカルの初フルオリジナル書き下ろしの曲のサントラ盤。

mobile

qrcode

powered

みんなのブログポータル JUGEM
2004.11.13 Saturday

黄色の収録曲発表

Yellow Vector(黄の多次限指向性)の収録曲が発表になってます。もうそろそろ完成させないとCDにはならないものね〜。ネオエージのFAX見ると、「完成間近!」ってなってますけど(笑)
<収録曲>
1.Schrodinger's cat
2.Quantum Mechanics Rainbow V
3.Venus Vector
4.etude on F-String
5.Star Yellow X'mas
6.Puppet Master
7.Le Petit Prince -le renard dore ver.-
8.Laplace's Devil

相変わらず難しい言葉や辞書引いても見つからない言葉とか多いんスけど....(苦笑)
Schrodinger(シュレーディンガ−)って言うのは、どうやら人の名前みたいですね。でも英語の羅列を全部翻訳するほどの根気もないので、大chanが説明してくれるのを待ってるというヘタレな自分(^^;)
Venusはビーナスでいいんでしょ?!金星の方向ってこと???
Starといい、黄色のイメージっていうのは大chan的に星とか輝くもののイメージなのかな。このStar〜はX'masソングみたいですね。時期的にもピッタシだし、これが1番楽しみかな。
Puppetは可愛らしい人形のイメージだけど、でも案外「操り人形を操る者」ってブラック風にとらえてるかもしれないし.....想像しすぎ?!
Le Petit Prince はあのD.A.N.Kが踊ってた曲の別バージョンのよう。いや〜懐かしいですね〜。ランガンは雑誌で見かけたりはするんですが、他のメンバーさんはどうなっちゃったの?!(聞く方がヤボ?汗)
あの時はにわか仕込みでそんなステージなんか立ってできるの?って思ったものだったけど、実際にステージで一生懸命な姿見たり、WOWOWで放送されたものだったかのD.A.N.Kメンバーが合宿してる様子のビデオを友達に見せてもらったら、みんなが紆余曲折を繰り返しながら頑張ってる姿を見て感動してたことを思い出しますよ。
結局まいねがD.A.N.K見たのは、DA's Party βver.のツアー数公演とGARDENのライブだけかな〜。
おっ、最後がDevilですか。
タイトル見てると楽しみになってきますね、大chanがどんな黄色の世界を描いたのか(^^)/

今夜はE-Mとしては初のツアー、大阪での公演です。
ボーカルの泉見さんが脱退!....という発表があった直後なので、熱いライブもさらに盛り上がってることでしょうね。できたら参加された方のレポやご感想などお持ちしていますm(_ _)m
まずは今日1番驚いたニュースを。
SEXXサイトにポップアップでお知らせが出てて、11/20のE-Mのライブをもってボーカルの泉見さんが脱退されると告知されてました。思わずエエエッ〜〜〜〜!と叫んじゃいましたよ〜。
昨夜ぐりまぁの会報読んでて、賢chanは「ソロがあってバンドがあるってよりは、バンドだけでいいかなって思ってる」とか、ソロはいつでもできるから「今、やらなくちゃいけないのはEndorphine-Machineかなって思ってる。」って書いてあったので、賢一ソロ大好き人間としてはちょっと寂しい想いを感じつつも、賢chanがそこまでバンド活動に入れ込んでて楽しくってしょうがないなら、それはそれでいいことだな〜って思ってたんですよ。
そんな次の日でしょ、この発表が。もうビックリを通りこして、何がなんだかって感じびっくり
まだE-Mが誕生して数ヶ月。まさかそんなに早くボーカルさんがいなくなっちゃうとは思いませんでしたよ。確かに泉見さんはミュージカルをやってらして、非常に忙しそうでE-Mの活動と並行してやって行けるのかな〜という心配はあったんですが....。もともとそれぞれが自分なりの活動ベースを持ってる方達のクリエイト集団みたいなところがあったようなので、メンバーさんの移動があるのはいたしかたのないことなのかも。
これからボーカルさんはどうするのかな?見つかるまでライブはお預け?!汗
賢chanのバースディに行われるってことで11/20のライブは思い出になりそうなライブだな〜と思ってたら、なんか別の意味でも思い出に残るライブになりそうですよね。なのに自分、不参加なんて......悲しい
これからもE-Mは活動して行くってことなので、もちろん賢chanがいる限り応援していくし、賢chanの進んで行くところへついて行くだけです(^^)/

The foolが10日に更新されてることに気づきませんでした(^^;)
イギーちゃん、お誕生日おめでとう!!!
賢chanの可愛い可愛い光線が、文章から溢れてます(笑)大chanといい、賢chanといい、ワンコ達がいるから癒されてる〜みたいなのをヒシヒシと感じる時があって、すご〜くいい時間が持ててるんだな〜と思います。

E-Mの今度のツアー用にNEW GOODSが販売されるようです。
ポストカードセットには、なんとなんとアトランダムにメンバーの直筆サイン入りだってよ。すっご〜い!賢chanのサインしか知らないので、他のメンバーさんのサインってどんなだか、すっごい興味アリ。ポスターもあるんですね。
でも買えないや(しょぼ〜ん)以前にも書いたことあるけど、Web Shopでグッズも通販してくれないだろうか(切実)

大chanのインタビューが新しく掲載されてるって告知されてたので見てきました。
なんかいきなりDAnetから飛んだTOPページが、どう見てもなんらかの音楽サイトとかじゃなさそ〜で、どこ来ちゃったの〜?と焦りました汗 だって振込先が変わってどうとかこうとか......業務連絡みたいで(苦笑)
High Resolution Coという企業のサイトなんですね。会社概要なんか覗いてみると音楽関係のソフトなどを扱ってるとこみたい。
最初は音楽に関わることになった経緯の説明で、YAMAHAから小室先生に出会ったところではしょられてるんですけど.....汗。アハっみたいな。
今回のインタビューはどうやら大chanがクラブイベで使ってるらしい、この会社が出してる『live』ってソフトについてのもの。あるひとつのソフトだけ....とか、ある一つの機材だけ....とかの内容ってあまりないじゃないですか?!かなり気色の変わったインタビューだなってのは感じました。それだけに新鮮だったけど。

大chanが言ってるように「ライブ」と「live」(ソフト名)の名前が紛らわしいですよね(苦笑)文章で書けば違うように書けるけど、会話の中ではひと工夫いるっていうか.....。
このインタビュー読むまで、こういうソフト使ってやってます、こういう作り方してます、ってことも知らなかったので、ライブのあるいはクラブイベの裏側も覗けちゃったような嬉しさはありますね。
まあ内容はマニアックなので、わかる方にはわかるんでしょうね。いいな〜って思うんですよ、こうして大chanが語ってることがわかる方って。だから少しでもいいからわかるようなりたいって思うんだろうね。現実は全然できてないけどしょんぼり
大chanがこうしてプロのクリエイターとしての顔を見せてくれるのが、まいねは好きだったりします。

そうそう余談ですが、ここのインタビューを別枠で表示させると「daisuke」ってファイルになってるんですね。Daisuke Asakuraとかってファイルになってるものは他にもあるけど、名前だけで出てくるとドキッとしちゃう(単なるアホです)しかもdaisukeを保存って、いいのかしらんみたいな罪の意識を感じちゃったり.....苦笑。
電気ショップのポイントがたくさんたまっていたのでこれは使えるゾ〜と思って、TMRの『ignited』とワーナーがキャンペーン中の”期間限定どれでも¥1,575”っていうDVDの中にハリポタ2作目の秘密の部屋を発見して思わずGET!ポイントのみで(タダで)手に入れてしまいました(^^)v

TMRの『ignaited』はなんでもオリコン1位だったそうですね。スゴ〜〜〜イ拍手
まだ1回通しでしか聴いてないんですが、やっぱTMRの曲だな〜っていう感じ。ライブもずっと行ったことないし、曲だけはCDで聴いたりしてる程度のリスナーの個人的意見だけど、やっぱTMRっぽい音ってあると思う。大chanのソロの曲とも違う、Seekerの曲とも違う。そう、曲が全部TMRって主張してるような(なんちゅう表現なんや?意味不明汗)。
『ignaited』はカッコイイ音だと思うな〜。でも大chanのソロ曲とは違うカッコよさ。やっぱまいねは大chanのソロ曲が持つカッコよさの方が好きv
で、2曲収録されてて、どっちかって言うと『夢幻の孤光』の方が好きかも。ギターが前面に出ててロックティストっぽくていい。

ハリポタDVDは1作目は持ってたんだけど、映画で観てるからまっいいかって思って2作目は買ってなかったんですよね。なんかとっても得した気分。3作目はあのおまけ(怪物の本)が面白そうだな〜と思って予約しちゃいました。

今月号には大chanのライブレポが載るっていうんで、「ARENA37℃」を立ち読みするつもりで本屋さんに行ったのに、大chanの輝かしいまでの素敵な笑顔にヤラれて、買ってしまいました(笑)もうほんと、大chanの笑顔は何物にもかえがたい宝物ですよね〜ハートついついこっちもニコ〜ってなってるもの。
緑のレーザーのphotoがすっごい綺麗で、またライブ会場を写し出してるphotoがあのライブでの楽しさを伝えてくれてるようです。
徹貫さんが書いてくれてる「他とは絶対的に違うライブ、大chanならではのindividuality(他者との決定的な違い)」って言葉、まさに実感でし(^^)v まいねはほとんどDA系以外のライブって行ったことないので、これが当たり前みたく感じちゃってるけど、実はコレ、かなり贅沢な体験しちゃってんですよね〜。知らず知らずのうちに最高のエンターティメント、大chanでしか作れない空間を思いっきり楽しんじゃってたんだな〜ってことを、ホント幸せに思います。

徹貫さんのレポも他とはひと味違いますよ。ライブが進んで行った順に曲のことだったり、衣装のことだったり、演出だったり、そのライターさんの感想だったりが書かれてあるレポがほとんどだけど、虹アルバムに収録されてるものを、この色からはこの曲....みたいにレポしてあるのは初めて。
そしてこの記事の最後に書いてあった提案(虹シリーズ7作完成後に7夜連続でライブしよう!)、自分も同感です(^^)/ 徹貫さんと一緒に叫ぼう〜「お願い、大ちゃん!君ならできるから。」(君なら....なんて恐れ多くてほんとは徹貫さんと一緒じゃなきゃとても言えないんだけどね汗

やっとやっと待ち望んでいたぐりまぁ会報が届きました〜。ありがとう〜賢chan&スタッフさん!!!!(ペコリ)
表紙はと〜〜〜ってもカチョイイ賢一さんですぅラブ
シンプルな白シャツに白のパンツはいてて、シャツをパンツの中に入れてるスタイル。キャ〜、こういうスタイルって珍しいのでは?!ピンクのソファー(?)に腰かけてキメキメ賢chan。賢chanの目がキリッとしてて、そういう目で見られるとすっごいドキドキしちゃうんですよね〜(ホレボレ)
後ろ表紙は近頃のイトーさんスペシャル。ライブや宴などでのショットです!ギター弾いてる姿もメチャ決まってるぅ。
インタビュー冒頭には「お待たせしました!やっと休止が明けました。」って書かれてあります。現実の方がずっと先行してて、もう新しい形の活動見れちゃってるので、まあ今さら感もありつつ(爆)、「お帰りなさい〜」っいうか、「こちらこそこれからもヨロシク!」な感じ。
まあインタビューについては後日感想など書くとして、ビッグニュース!ビッグニュース!!
ぐりまぁ会員の皆さんには日頃の感謝の気持ちを込めて、クリスマスに賢chanから素敵なプレゼントがあるそうなんですよ〜(嬉しい!)何?何?何なんだろう???(ワクワク)楽しみに待ってますよ!!!
それとFCイベントが初めて開催されるようなんですよ。ぐりまぁができて単独のFCイベントってなかったから、すっごい楽しみなんですよね〜。でもたぶんFCイベントって、土日お泊まりコースなんだろうな〜。それってまいねが1番参加しづらいパターンだ、しかたないけど(~~;)そのせいで、まだどのFCイベントにも参加したことないんですよ悲しい
2004.11.10 Wednesday

Web DAte12月号

TVをスイッチオンしたら、日米野球をやっていたのでなんとなく見てました。
大阪ドームでのゲームだったためか、大阪近鉄バッファローズの岩隈投手が投げてたんですが、すっごい気迫溢れるピッチングで、ついつい最後まで見てしまいましたよ。大リーグチームは今季で引退が噂されてるクレメンス投手。その投手相手に、日本チームは今日が初勝利だそうですね。やればできるじゃん!(^^)v
で、途中の岩隈投手のインタビューを聞いていたら、バファローズのユニフォームを着て投げる最後のゲームだってことで、なんか目が潤んでるように感じました。胸に込み上げてくるものがあったんでしょうね。岩隈投手は新しくできる合併チームの所属となるんですが、そちらでも頑張ってもらいたいな〜と思いました。
ただ、あるニュース番組見てたら、ORIXと近鉄の合併チームの新しいユニフォームを公開してたんですが、これって以前ブルーウェーブFANだった者から言わせてもらうと、もろブルーウェーブのユニフォームじゃん冷や汗でっかくORIXって書いてあるし、胸元のロゴなんてブルーウェーブのロゴそのものでアルファベットのつづりが違うだけ.....。元近鉄FANの人達がこのユニフォーム見たらなんて思うのかな?!せつないよ〜。
合併、合併って言ってるけど、ユニフォーム見ただけでは、なんかORIXが近鉄を吸収合併したように感じちゃう(~~#)

Web DAteを見てきました。
記事としては絶対本誌の方が面白い!(言い切り)
ホタテさんがこっちではいやに控えめだし(笑)一緒にやろう!....なんて言われなくてよかったですね、スタッフさん達。
Photoはゴルフショット大chan(どうだ〜みたいな誇らしげな笑みを浮かべてますよ)、スカッシュコートでああ〜疲れた〜な大chan(あれだけ救いを求めてた人とは思えない笑顔)、なんだか手の動きがおかしいHIP HOPな大chan(後ろの方達と同じ動きをしてるとは思えないとこがミソです/笑)。三つ編みは可愛いね〜v



2004.11.09 Tuesday

キリキリ舞いの大chan

先月号から楽しみにしてたPATix2の『TOKYO DAte』スポーツジム編Vol.2。
発売日に早速GETしてきました〜!
本誌買うってのに、中味が気になって待てなくて本屋さんでまず立ち読み(笑)
いや〜これは危険ですよ〜立ち読みするのは。抱腹絶倒のおかしさ!!!(大chan失礼)笑いころげそうになって、自分危ない人になってました汗

今回は3つのスポーツに挑戦してる大chan。
とありあえずウィダーinゼリーをキ◯タク風に一気飲みしてからスタート。ほんとphotoがマネしてるっぽいからおかしい、いやなんか可愛いんですけど(笑)むしろ1番後ろのページに載ってる一気飲みphotoはすっごい男らしくってカッコよいのですハート男 浅倉大介、これからやってやろうじゃないかっ!って感じ。

◆最初はHIP HOP。
金髪新入生って呼び方がツボv
大chan、踊るのにかなり悪戦苦闘した様子。涙目になりながら奮闘!その表情見たかった〜と言ったら、大chanに怒られそうですが.....苦笑。
踊れてないおばちゃんにアドバイスされてるって大chanの姿を想像すると、まるでコントみたいでし。その大chanが大奮闘してる姿を笑いを抑え悶絶状態で観察してる女性2人。なんかすごい光景ですね。やっぱホタテさん、Sですよ〜。
でも、このHIP HOPダンス教室で覚えた動きを、ナント10/11の「Angel Algorithm」の中で披露してたって〜〜〜〜〜びっくりやっぱ大chanただ者じゃない(^^)v 
これでまたライブのTV映像でチェックすべきポイントが増えました。
◆さてさて次なるホタテさんの策略。
大chan、スカッシュコートに監禁(いや、閉じ込められる)。
スカッシュってかなりハードなスポーツですよ冷や汗狭いコートをあちこちに走り回る。
本誌によると3分間休む間もなく走り回された大chan、外にいる安部ちゃんとホタテさんをチラチラ見ては涙目で訴えかけてたそうです(ここまで来ると気の毒!)
それに対してのホタテさんのコメントに大ウケ。青息吐息でもジョークは飛ばせるんだ〜ってね。
◆最後の種目はゴルフ。こちらは美フォームで結構上手そう。
予想に反して面白くなさそうなホタテさん。大chanに逆襲されてましたよ〜。

今回のphotoは心なしかへっぴり腰風に見えたんですけど.....(爆)
女性陣2人の策略にはまった感じの大chanですが(笑)、ジムで翻弄されてる大chanが見れたのはホント楽しかったです(またまた失礼)どうもお疲れ様でした!
文章がおかしくっておかしくって、徹貫さんグッジョブ(^^)v

今月のおまけのphotoはゴルフボールで遊ぶ大chan。
「面白いけどこんな大ちゃんお見せしちゃっていいのでしょうか?」と書かれてあるけど、この程度なら全然壊れてるうちに入りませんよね?!おぬし、SMILE会報を知らないなっ(爆笑)
「upDAte on DA」には話題騒然、DATi BON情報が.....。
ホタテさんや編集長さんとの対談もアリとか。SHOPPINGでは韓国でもやらかした様子の大chan。宮廷から焼き肉屋まで、モード・ファッションからチョゴリ・コスプレまで、大chanが魅せてくれるようですよ!
次の宣伝文句にやられた〜。
”大ちゃんを壊すな!!”と、ファンの皆さんからの抗議殺到必至の『DATi BON』ホタテ、浅倉スタジオ出入り禁止覚悟の一冊
どんな内容になってるんだ?!....な興味をメチャ抱かせるDATi BON。想像だけがドンドンでっかく膨れ上がっていってて、早く見てみたいですぅ見る

spacer